BLUE GIANT、今最高に面白いジャズ漫画!ジャズが紙面から飛び出しそう。

自分の中で、今一番面白い漫画が「BLUE GIANT」

「岳 みんなの山」の作者「石塚真一」さんが描くジャズ漫画なのですが、あまりにもリアルなその描写が圧倒的で、ジャズが漫画から聞こえそうなぐらい迫力ある描写がすごいです。

新しい展開が始まりつつあって、ますます面白くなってきた「BLUE GIANT」。

ぜひ、手に取って読んでみて下さい。

 

スポンサーリンク

世界一のジャズプレーヤーになる・・・!!

 

主人公「宮本 大(みやもとだい)」は仙台市に住む高校生。

青葉第二高校バスケットボール部で鍛えた体が、とにかくパワフルで元気一杯などこにもいそうな男子高校生です。

そんな宮本大。

 

ある時、友人に連れられて聴いたライブハウスでの「ジャズ」に衝撃を受けて以来、「将来は世界一のジャズプレーヤーになる」と自分に誓います。

それからというもの、雨の日も晴れの日も雪の日も毎日放課後になると兄から買ってもらった「サックス」で練習の日々です。

楽譜も読めない宮本大ですが、持ち前の前向きな気持ちとひた向きな気持ちとで、どんどんうまくふけるようになります。

 

そんな日々を送っていた高校三年のある日。行きつけの楽器店の店長が「ライブで演奏してみないか?」って「宮本大」を誘います。

それまで、ずっと一人で練習して来た「大」は快諾し人前でサックスを吹ける喜びでいっぱいになります。

 

そして、ライブ当日。

高ぶる気持ちを抑えてライブ会場に向かう「大」。

もちろん、たくさんの人前でサックスを吹くのは初めてだし、ライブも当然初めて。

気持ちだけが空回りして、聴いていた観客の一人のおじさんに「うるさいんだよ!」って怒鳴り声が。

 

生まれて初めてのライブデビューは、残念な結果に終わってしまいます。

 

普通なら、ここで撃沈して落ち込むところなんですが、なにせやたらと上昇志向のある「宮本大」。

 

「へでもねえや。」ってやたら前向き。次の日からも、また練習の毎日が始まります。

 

回りのみんなを味方に付ける

 

本気で「世界一のジャズプレーヤー」を目指している主人公なのですが、気持ちが本気なのでか主人公の周りのみんなも宮本大をサポートしてくれます。

高価なサックスをローンで買ってくれた兄。

「世界一のジャズプレーヤーになる」って父親に宣言した大。

すると「頑張れよ」って反対一つしないお父さん。

そして友人の数々。

周りも主人公を盛り立てます。

 

そして、ある一つの出会いが「大」の毎日を劇的に変えます。

それは、自身も若いころ「ジャズプレーヤー」になる事を夢見ていた「由井(ゆい)」。

若いころに渡米までして、本気でジャズプレーヤーを目指していたのですが、現実の厳しさに断念。

今は、自宅で音楽教室を営んで生計を立てています。

 

その「由井」との出会いが、主人公のサックスの音を劇的に変化させます。

 

「もっと大きく!!」

「もっと大きく!!」

とテクニックより音のハリを要求する由井の指導。

 

「大」のサックスの音に光る物を感じた由井は、「調子に乗るなよ」ってたえず「大」をいさめます。

「そんな甘い世界じゃないんだよ、ジャズは」って時には厳しく時にはやさしく高校最後の年を「大」のサックスにとことん付き合ってくれます。

 

新天地での東京

 

高校を卒業した「大」は、何の当てもなく東京へ向かいます。

東京へ行けば、何かがあるかもしれないと思い、アルバイトとサックスで1日が終わっていきます。

 

高校時代の同級生「玉田」も同じ東京の大学へ進学します。

その「玉田」のアパートで居候をしながら過ごすある日。

たまたま入ったライブハウスで天才的なピアノを弾く「沢辺」と出会います。

 

その「沢辺」「宮本大」、そして何故か「玉田」の3人でジャズバンドを結成。

これが、のちにとんでもないバンドに化けるとは・・・

 

新天地「東京」で一気に「大」のサックスが爆発しそうになる、まさにその時・・・

 

もう、これ以上は語れません。本編でぜひ!!

 

 

由井の指導を受けてからの「大」は、音に自信を持てるようになり音がめちゃくちゃ良くなっていきます。

本当に紙面からジャズの音が聴こえて来そうなくらい迫力のある描写が最高です。

 

東京での生活を切り上げて、現在はドイツでジャズ修業をしている宮本大。

海外編は、「BLUE GIANT SUPREME」と題名が変わって現在は第2巻まで発売されました。

 

ちょうど、昨日7月1日が第二巻の発売日だったので仕事終わりに慌てて買いに走りました。

 

久々に面白い漫画に出会って、めっちゃ幸せ!

当分、「BLUE GIANT 」で楽しめそうです。

 

BLUE GIANT  基本情報

 

■第1刷発行 2003年12月4日

■作者 石塚 真一

■小学館

■BLUE GIANT 1~10巻

■BLUE GIANT SUPREME 現在2巻まで発売中

 

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大好きな京都やスターバックス、漫画やiPhoneなどについて書いているブログ「LUCIE」のイス(井須)です。石川県小松市で美容師を経営する傍ら、自分の好きな事や興味のある事を発信して楽しく生きていけたらと日々精進中です。