新章、BLUE GIANT SUPREMEのワクワク感がたまらない!

以前、このブログでも紹介したことのある「BLUE GIANT」。

自分が今、いちばんおもしろいと感じている漫画です。

男子高校生の「大(だい)」がジャズにはまり、サックスのプロプレイヤーを目指して上京するというストーリー。

地元仙台で高校を卒業すると、東京に活躍の場を求めます。

紆余曲折の後、友人2人と自分とで組んだバンドが徐々に人気バンドになっていくのもつかの間・・・

ある出来事をきっかけに、東京からドイツへと活躍の場所を求めて飛び立っていく「大」。

海外編として、新たに「BLUE GIANT SUPREME」となって新章のスタートです。

 

スポンサーリンク

止まるわけにはいかない「宮本大」。1巻でのストーリー。

 

「世界一のジャズプレーヤー」になると決めた主人公「宮本大(みやもとだい)」。

日本を離れて飛び立った先は、ドイツのミュンヘン。

何のつても無くドイツに降り立った「大」は、とりあえずサックスの練習出来る場所から探し始める生活。

日本と違って、環境も人もなにもかも違うドイツで自分の音楽が受け入れられるのか不安になる「大」。

 

地元仙台でも練習場所となっていたのは河原だったので、ドイツでも格好の河原を見つけてとりあえず毎日練習の大。

練習と並行して、サックスを吹かせてもらえそうなジャズバーを探す大ですが、言葉の壁もありうまく事が運ばない毎日。

 

そんな時、ひょんなことからドイツ人大学生「クリス」と出会うのですが、この「クリス」。めちゃくちゃいい人で大を自宅に招いてくれて、しかもライブが出来るライブハウスも探し出して来てくれます。

ドイツへ来て初めて行う大のジャズライブ。

10人も入れば満席になる小さなジャズバー。観客はクリスが必死になって集めてくれた10人。

ここから、大のストーリーが始まる。

 

BLUE GIANT SUPREME1巻では、ドイツに来て戸惑う大と大をサポートしてくれる友人クリスのやり取りを中心に描かれています。

たった一人でドイツへ降り立った大を受け入れてくれる場所がなかなか見つからなかったのですが、そこは前向きな大の事。

徐々に、仲間にも恵まれ自信が生まれつつある大へと変化していきます。

ジャズに国境はないんだと自信が持てる様になった1巻です。

 

大の音はハンブルグへ。ミュンヘンからハンブルグへ移動しての2巻

 

10人も入れば満杯状態となる、ミュンヘンでの初ライブ会場のジャズバー。

回を重ねるごとに観客が増えて、毎回大盛況の大のジャズライブ。

しかし、大のサックスだけの演奏には限界もあることを十分承知の大。

そこで、一緒に組めるジャズプレイヤーを探しにミュンヘンを離れる決意をする大。

 

ミュンヘンのジャズバーを片っ端から聴きに出かけて、仲間を探す大でした。

そんな時、見つけた女性ベーシスト。

しかし彼女は大には目もくれず、ハンブルグへと移動してしまいます。

しかし、運命の様な物を感じた大は彼女のベースをあきらめる事が出来ず彼女を追ってハンブルグへ旅立ちます。

 

ところが、ハンブルグでその彼女を探すにも一向に見つからない。

それもそのはず、ハンブルグはドイツ第二位の大都市なんですね。

そんなに簡単に見つかるわけがないのですが、毎日彼女を探し続ける大。

 

そして、とうとうあるジャズバーでその運命の人と再会します。

 

その運命の人。ベーシストの彼女の名前は「ハンナ・ペータース」。

ハンナ自身も、実は本気でやれるジャズ仲間を探していたんですね。

しかし、若い東洋人の大をまったく信用していなかったのですが、大のサックスを聴いた彼女は震えます。

「彼の力を見くびっていた自分が腹立たしい・・・」とハンナ。

大のサックスとハンナのベースで、どんなケミストリーが起こるのか3巻が楽しみです。

 

3巻の発売が待ち遠しいですね!!

 

回を追うごとに、どんどん面白くなってくるBLUE GIANT。

新章のBLUE GIANT SUPREMEも、これからどんな展開になっていくのか楽しみです。

 

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大好きな京都やスターバックス、漫画やiPhoneなどについて書いているブログ「LUCIE」のイス(井須)です。石川県小松市で美容師を経営する傍ら、自分の好きな事や興味のある事を発信して楽しく生きていけたらと日々精進中です。