次期iPhoneは現行モデルよりちょっと大きめ?詳細なサイズがリークされる。

来月9月になると時期iPhoneの発表がある予定になっています。

各予想では、現行モデルのiPhone 7がiPhone 7sになりiPhone 7 PlusがiPhone 7s Plusになる予定。

そして、iPhone生誕10周年の記念モデルとしてOLEDモデルとして登場するであろうiPhone8。

この様に3つの新しいiPhoneが発表されるであろうと多くの情報筋が予想している中、次期iPhoneでは背面にガラス筐体を採用しワイヤレス充電に対応するという噂も。

それを裏付ける様に、ドイツのメディアGIGA APPLEは次期iPhoneはサイズが少し大きく厚くなると報じています。

 

スポンサーリンク

大きく厚くなる次期iPhone

 

ドイツのメディア「GIGA APPLE」によると、信頼できるソースから得た情報として詳細なサイズ感をリークしています。

それがこちらの画像↓


(image:GIGA APPLE

 

このリーク画像によると、茶色いモデルが現行のiPhone 7。

そして、シルバーの物が次期iPhone 7sとしています。

 

そして肝心のサイズを見てみると・・・

現行のiPhone 7は、「幅 67.14mm×高さ 138.31mm×厚さ 7.1mm」に対して次期iPhone 7sでは「幅 67.27mm×高さ 138.44mm×厚さ 7.21mm」となっています。

 

  • iPhone 7・・・幅 67.14mm×高さ 138.31mm×厚さ 7.1mm
  • iPhone 7s・・・幅 67.27mm×高さ 138.44mm×厚さ 7.21mm

 

と、幅・高さ・厚さともにiPhone 7sの方が若干サイズが大きくなっています。

 

サイズ感が大きくなった為に、思わぬ副産物も

 

この様に、次期iPhoneでは現行モデルよりもサイズ感がアップすることで、思わぬ副産物があったようです。

それは、カメラ部分の突起が減少した様なんですよ。


(image:GIGA APPLE

 

もう一度、さっきのリーク画像をみて下さいね。

カメラ部分の厚さを見てみると・・・

  • iPhone 7・・・8.18mm
  • iPhone 7s・・・7.92mm

と、カメラ部分の厚みが若干解消されているのがわかります。

これは、本体の厚みが増えたためカメラ部分の突起が逆に小さくなったようなんです。

 

まぁー、実際にはカバーをかけて使用する方がほとんどだと思うので、カメラの突起があっても気にならないかも知れませんが、見た目がスッキリした方がいいですからね。

 

ちなみに、プレミアムモデルのiPhone 8のサイズ感はと言えば

  •  70.77mm×高さ 143.4mm×厚さ 7.51mm

となっています。

 

いずれにしても、9月の発表までもう少し。

今年の9月は熱くなりそうです。

 

(from:GIGA APPLE

(from:9to5Mac

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大好きな京都やスターバックス、漫画やiPhoneなどについて書いているブログ「LUCIE」のイス(井須)です。石川県小松市で美容師を経営する傍ら、自分の好きな事や興味のある事を発信して楽しく生きていけたらと日々精進中です。