iPhone8は予定通り9月に発売されるも、販売台数は極めて少数か?

アメリカに本部を置く、投資・金融サービスのJ.P.Morgan。

そのアナリストのロッド・ホール氏の話としてiPhone8の発売時期について興味深い話をニュースサイト9to5Macが報じています。

iPhone8の発売時期は、例年通り9月になるものの当初の発売台数は極めて少ない台数になると予測しているそうです。

この予測の通りだと、発売と同時にiPhone8を手にする事が出来る人はかなり限定的になりそうです。

 

スポンサーリンク

iPhone8の発売は例年通り9月の見込み

 

 

最近になって、iPhone8の発売が遅れそうだという情報がいくつかあるのですが、ロッド・ホール氏の見解ではそれは春先の情報であって9月発売のスケジュールは変更が無いとしているようです。

ただ、有機EL(OLED)を搭載予定のiPhone8は生産の開始遅れから当初の発売台数の見込みを大きく後退すると考えているようです。

具体的には、当初の9月の発売予定数は900万台であったのに対して、実際には200万台程度になるのではと予測。

本格的に生産が追いつくのは、10月後半から11月になるようだとしています。

 

また、iPhone8の生産の遅れに関し、2017年第4四半期(10月〜12月)の総iPhoneの出荷台数は4,220万台で4,950万台の予測から下方修正しています。

ただし、来年度(2018年度)の総iPhoneの出荷台数は2億7,020万台と予測し、当初予測の2億6,290万台から台数が増えると予想されるようです。

 

これは、来年度(2018年)のiPhone8の生産スピードが回復をし、前年度(2017年)に買えなかった顧客が買い換えると予想を立てているからなんだとか。

確かに、新しいiPhone8が出たら買い換えてみたくなりますしね。

よーくわかります!!

 

販売価格は1,100ドル

 

また、アナリストのロッド・ホール氏はiPhone8の価格も予測しております。

その予測によると、iPhone8は当初の見積もりより生産コストがかさみ100ドルほど価格が上乗せになりそうと予測。

最終的には、1,100ドル程度になると見込んでいるとのこと。

 

現在の1ドルは約112円なので、1,100ドルとすると日本円で12万3000円ほど。

結構、高いiPhone8になりそうですね。

 

 

もう少しで来月は8月で、発売予定の9月がだんだん近づいて来ています。

例年だと、新しいiPhoneの発表は9月10日前後。

実際の発売開始は9月20日前後。

 

今年は、どんなスケジュールが組まれているんでしょうね。

ますます、賑やかになりそうです。

 

from:(9to5Mac)

 

iPhone7/Plusの予約・購入は便利なオンラインから。

【iPhone】ソフトバンクオンラインショップでお申し込み!

→ auオンラインショップ

→ ドコモオンラインショップ

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大好きな京都やスターバックス、漫画やiPhoneなどについて書いているブログ「LUCIE」のイス(井須)です。石川県小松市で美容師を経営する傍ら、自分の好きな事や興味のある事を発信して楽しく生きていけたらと日々精進中です。