iPhone8の最新デザインはこれで決まり!?Forbesが前回に続き最新デザインをアップ。

約1週間ほど前、ForbesがiPhoneのケースデザインを手掛けるNODUS社やそのサプライチェーンから入手したというiPhone8の最新のデザインを公開しました。

iPhone8のデザインはこれで決まり?ForbesがiPhone8のデザイン画像をリーク。

その時の画像は、細かな描写が無く詳しい詳細もあまり出ていなかったのですが、つい最近になってForbesより更に詳しいデザイン画像が発表されました。

 

 

スポンサーリンク

Touch IDは大きくなった電源ボタンに統合か?

 

前回、ForbesがリークしたiPhone8のデザイン画像よりさらに細かい所まで表現された画像がForbesのページに投稿されています。


(image:Forbes)

▲少し縦長の5,8インチ有機EL(OLED)ディスプレイ。ほぼ、前面ディスプレイになる予定のフロントデザイン。

 

▲そしてディスプレイ上部には、電源のアイコンや通信状態を示すアイコンが表示されています。

今までのiPhoneのデザインでは、フロントカメラのセンサー下にこれらアイコンの表示があったので、新しいデザイン画像ではスッキリして見えますね。

 

▲また、電源ポートなどは「USB Type-C」という噂もあったようですが今回の画像では従来通りLightningポートが採用されています。

そして、イヤホンジャックは今回も無い設定のようですね。

ただ、ワイヤレス充電を採用するという噂もあるので、最終的に電源ポートは変更される余地もあるようです。

 

▲そして、なんといっても最大の関心ごとはTouch IDの方法です。

Forbesの予想としては、iPhone7より巨大化した電源ボタンに上の画像の様にTouch IDを統合すると予想しているようです。

 

iPhone8の開発の遅れがいろんなメディアで予想されているのは、このTouch IDの方法が混迷を極めているからと言うのがもっぱらのうわさですよね。

当初の予定では、ディスプレイ上にTouch IDを統合する案が有力だったようですが、技術的に最終レベルにはいってないという報道もあります。

そうなると、現実的な対応として電源ボタンに統合するのが現実的では・・・と言うのがForbesの見解の様です。

 

機能面では、バッテリー性能が大幅に改善されるとForbesでは考えているようです。

そうなれば、ありがたいんですが・・・

 

価格はやはり頭のいたいところ

 

いろいろと新しい試みを取り入れてくるであろう、iPhone8ですが最大の問題はやはり価格になりそうです。

と言うのも、iPhone8は今までのiPhoneの中で最も高価な物になるであろうとほとんどのメディアが報じているからです。

最低でも、1,100ドルからになることはほぼ間違いないようで日本円に直すと12万円オーバーです。

 

いくら高機能なスマートフォンであっても、やはり12万円て相当な価格ですからね。

ノートパソコンが安いものなら2台は買えてしまう価格です。

 

この価格だけは、予想がはずれてくれた方が消費者としてはありがたいですが・・・

 

(from:Forbes)

 

予約や購入はオンラインで素早く!

→ ソフトバンクオンラインショップ

 ドコモオンラインショップ

auオンラインショップ

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大好きな京都やスターバックス、漫画やiPhoneなどについて書いているブログ「LUCIE」のイス(井須)です。石川県小松市で美容師を経営する傍ら、自分の好きな事や興味のある事を発信して楽しく生きていけたらと日々精進中です。