[地元グルメ] そば処 松昌(まつしょう)でこだわりの十割そばを食す。

こんにちは、いすです。

自分の地元「小松市」には、おいしい物がたくさんありますが最近は「そば」専門店も何件かオープンしてホットな戦いになっていたりします。

今日、ご紹介する「松昌(まつしょう)」さんはそんなそば屋さんの新規出店のトップを切った様なお店で、いつも賑わっている人気店です。

 

日光産の夏の新そばが入っているという事なので、松昌さんに久しぶりにランチに出かけて来ました。

 

スポンサーリンク

そばの産地を選べる楽しさ

 

「日光産 夏の新そば 入荷しました」、と玄関先に書いてある松昌さん。

ここ松昌さんでは、そばを注文する時にそばの産地を3つから選べるようになっています。

 

▲こちらが松昌さんのメニューの基本形で、そばの種類をまずはここの3つから選びます。

そして、冷たいそばにするか温かいそばにするか決めるという感じです。

 

▲もちろん、基本のメニューの他にも「つけ麺」であったり「鴨せいろ」であったり「にしんそば」だったりいろいろ楽しめます。

 

▲そばだけでは物足りない男性には、ご飯物もあります。

中でも、「おかたまごはん」というのがあって、これおすすめです。

ごはんに、味付けのおかかと半熟タマゴが乗っていて、ボリュームがあっておいしいですよ。

大食い男子には、これいいですよ。

 

で・・・

この日、自分達がオーダーしたそばは、王道の「冷たいそばの盛りそばで、かき揚げ付き」でお願いしました。

ここの、かき揚げがまたうまいんですよ。

あ、忘れるところでした!

そばは、自分は「日光産」の夏の新そばにしました。妻は、お隣福井県のえちぜんのそばを注文。

 

▲松昌さんの店内風景ですが、白い壁とむき出しの木との相性バッチリの清潔感いっぱいの店内です。

 

こだわりの十割そば

 

待つこと数分。こちらが自分の注文した日光産のもりそば。

もりそばに、かき揚げが2つのセットです。

 

日光産のそばの感じは、こんな風です。

 

▲こちらが妻の注文した、えちぜん産のそば。日光産に比べると、若干白っぽく感じられますね。

素人目には、ほとんど見分けがつきませんね。

 

 

日光産のそばですが、コシが強くてシコシコとしていて喉ごしが爽やか。

ツルツルってすすると、モチモチ・シコシコのそばがホントおいしいです。

どれだけでも食べれそうな勢いです!

 

▲そして、そば屋さんの楽しみはそばだけじゃありません。

そば屋さんの天ぷらも、おいしくていいですよねー。

松昌さんのかき揚げは、さつまいも、にんじん、たまねご、エビと具だくさん。

 

▲特にエビがプリプリでうまいこと!!

 

▲最後は、そば湯もいただいてとっても満足なそばランチでした。

 

この日、松昌さんにおじゃましたのは12時30分を過ぎたぐらいだったのですが、席はほぼ満席で4人掛けのテーブルがひとつ空いていた状態でした。

その後も、家族連れのお客さんや男性のお客さんで賑わっていました。

 

久しぶりの松昌さんでしたが、とても楽しく食事が出来てて満足満足なランチでした。

小松市にいらしたら、ぜひお越しください。

 

【関連記事】

地元、小松市で本格のお蕎麦はいかが。十割蕎麦の松晶(まつしょう)。

 

アクセス

 

蕎麦処 松晶

  • 住所 小松市八幡町111
  • 電話:0761-27-1294
  • 休業日:木曜日
  • 時間:11時~15時30分

 

■地図

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大好きな京都やスターバックス、漫画やiPhoneなどについて書いているブログ「LUCIE」のイス(井須)です。石川県小松市で美容師を経営する傍ら、自分の好きな事や興味のある事を発信して楽しく生きていけたらと日々精進中です。