創業30年オーバーの餃子専門店「鉄なべ」の餃子に、ドはまりした博多の夜!

福岡・博多にはおいしい物がたくさんありますよね。

もつ鍋、水炊き、とんこつらーめん、などなど・・・

この間書いた、これはうまい!博多純情らーめん「Shin Shin(しんしん)」。噂通りのおいしさでまいった!の「しんしん」もホントおいしかった。

 

そして、忘れてはいけないのがみんな大好き「餃子」です。

博多の餃子は、一般の餃子より少し小ぶりなのが特徴のようですが、中でも鉄鍋で焼いた熱々の「鉄なべ餃子」が美味しいと評判ですよね。

 

そこで、博多で元祖鉄鍋餃子と言われるその名も「鉄なべ」さんへ行って来ました。

外はカリカリ、中はモチモチのとびきりおいしい餃子をいただいて来ました。あ~幸せ!!

 

スポンサーリンク

鉄なべ餃子ってなんだ?

 

鉄なべ餃子っていうのは、その名前の通りで「鉄なべ」で焼いた餃子のこと。

もともと、鉄なべ餃子は30数年前に博多の屋台が始まりだそうで、博多の祇園で「鉄なべ」って親しまれて来たそうですよ。

普通の一般的な餃子より、少し小ぶりのひと口餃子で外はカリカリ、中はもちっとふっくらしたおいしい餃子です。

「鉄なべ」さんに行く前から、もうおいしそう・・・たまりませんね!

 

赤いカンバンがとにかく目立つ

 

 

この日は、朝から夜までずっと雨の降るコンディションだったんですが、このど派手な赤いカンバンに誘われて祇園「鉄なべ」さんにやって来ました。

 

もう見るからに美味しそうな店構え!

昭和の匂いがするレトロなのれんをくぐりお店の中に入ると、元気のいいかけ声とお客さんの笑い声とで圧倒されるお店です。

とにかく活気がある店内です。

 

お店の入り口付近は、少し狭く感じるのですが奥が長く広い座敷がずらっと並んでいます。

これなら団体で来てもへっちゃらの店内。

自分たちは、5人なので奥の空いているお座敷に通されてまずはウーロン茶で乾杯。

 

メニューをちょっと紹介

 

 

博多祇園「鉄なべ」さんのメニューはいたってシンプル。主なメニューを書き上げると、

  • 焼餃子 8個 500円
  • 辛子明太子 630円
  • おきゅうと 420円
  • 冷やしトマト 520円
  • 漬物 420円
  • ご飯 大300円 小200円
  • 味噌汁 200円

 

と、どれも良心的な値段設定でありがたいです。

 

お店のおかぁさんに聞くと、「餃子は小さめのひと口餃子なので男性なら2人前ぐらいは普通に食べれるよ」って教えてもらったので、おかぁさんにお任せで餃子は焼いてもらいました。

その他に、ご飯と味噌汁、漬物を頼んでみました。

 

それにしても、「鉄なべ」さんの店内は本当にいい意味でレトロでとても落ち着きます。

今風の、飛び切りオシャレなお店ではないのですが、この使い込んだ雰囲気が最高にカッコイイお店です。

こりゃー、相当うまいですよ!!

 

と、みんなで盛り上がっていたら噂の「鉄なべ」餃子がやって来ました。

 

 

みて下さい!

この年季の入った丸い「鉄なべ」。

その鉄なべに、これでもかってぐらい餃子がビッシリ入っています。

外は、カリカリで箸で突くといい感じの音です。

 

いい感じに焼けた「鉄なべ」餃子を一つ口に運んでみます。

熱々なので「ふーふー」言って餃子を頬張ります。

外は、カリカリ!中はジューシーで、熱い肉汁が「じゅわーーーー」と出てきます。

ちょっと甘めのタレと良く合って、これ「うまい」。

 

熱いので、「はふはふ」頬張って「うまっ」って言葉にならない言葉の応酬です。

自分が地元で食べる餃子とは、明らかに違う味で、中の餃子の「あん」にしっかりした味が付いていて「うまうま」です。

 

博多祇園の「鉄なべ」餃子。

初めて出会う「鉄なべ」の餃子に夢中になった、博多の夜でした。

あ~、うまかった!!

 

アクセス

 

博多祇園 鉄なべ

  • 住所 福岡県福岡市博多区祇園町2-20
  • 電話 092(291)0890
  • 営業時間 夕方5時~午後11時
  • 定休日 日曜・祝日(年末年始)
  • 最寄駅 地下鉄「祇園駅」5番出口より徒歩3分

 

■ウエブサイト 鉄なべ

 

■地図

 

次の記事>>> 修理にだしてある、フォルクワーゲンゴルフ・カブリオレの状況。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大好きな京都やスターバックス、漫画やiPhoneなどについて書いているブログ「LUCIE」のイス(井須)です。石川県小松市で美容師を経営する傍ら、自分の好きな事や興味のある事を発信して楽しく生きていけたらと日々精進中です。