金沢豚骨らーめん「豚蔵(とんぞ)」。豚骨醤油らーめんがうまい!

こんにちは、いすです。

金沢市で、おいしいらーめんと評判の豚骨醤油らーめんのお店「豚蔵(とんぞ)」。

その2号店である、香林坊裏のせせらぎ通り店に行って来ました。

 

 

金沢香林坊は金沢市の中心地で、金沢市役所や大和デパートなど商業や行政の中心的な町です。

香林坊スターバックスの入っているビルの真裏が、「せせらぎ通り」という名前の通りで、そこに「豚蔵」の2号店があります。

 

真新しい、きれいなお店で食べる豚骨醤油らーめんがうまいです。

観光の方も、そうじゃない方もオススメの一杯がありますよ。

 

スポンサーリンク

金沢豚骨らーめん

 

「豚蔵(とんぞ)」の本店は、金沢市横川にあり金沢でおいしいらーめんと言えば「豚蔵」と言われるぐらい有名なお店です。

その「豚蔵」の2号店が金沢市の繁華街「香林坊」裏の「せせらぎ通り」に出店。

金沢豚骨らーめんとして、絶賛売り出し中です。

 

お店の外観はこんな感じ。

「せせらぎ通り」にたくさん並ぶお店の中でもひときわ目立つ店構え。

「豚蔵」の看板も大きく、見た目でも美味しそうな雰囲気があります。

 

店内も、外観同様きれいにまとまっていてカウンターで10人ほどと小さめのテーブルが2つという、こじんまりしたお店です。

 

メニューは醤油と塩の二本立て

 

気になる「豚蔵」のメニューですが、豚骨醤油と豚骨塩の二本立てです。

醤油は能登カネヨ醤油を使用した「豚骨醤油らーめん」。

塩は、同じく能登珠洲の塩を使った「豚骨塩らーめん」。

この2本立てなので、とってもわかりやすいメニュー構成です。

 

どちらもおいしそうなのですが、やはり「豚蔵」と言えば「豚骨醤油」なので、今日は豚骨醤油ラーメンをオーダーしました。

 

注文の仕方は、まずは醤油か塩かを決めます。

次に、麺の分量を決めます。

並み(1玉)、中(1,5玉)、大(2玉)と量を選ぶことが出来ます。

そして、麺の太さも、太麺と細麺を選択できるのでお好みでどうぞ。

 

自分は、醤油豚骨の並みで太麺にしました。

トッピングで、煮卵を追加でお願いしました。

 

さ、金沢豚骨らーめんとキャッチコピーが付いている「豚骨醤油らーめん」が出て来ました。

 

らーめんの具は、のり、ほうれん草、ねぎ、チャーシューと王道のらーめん。

まずはスープを一口いただきます。

醤油豚骨のコクのあるスープで、塩加減も自分にはちょうどいい感じ。

濃くなく薄くなく、うまいスープです。

 

麺は、注文通りの太麺でしっかり歯ごたえのある麺です。

ちじれ具合もちょうどいい感じ。

 

チャーシューも、これぐらいの結構厚いチャーシューですが、ハシで切れるぐらい超やわらか!

トロトロでこれまたうまいです。

 

トッピングの煮卵も、期待通りのおいしさ。

 

自分は、もうこれで大満足でしたが「替え玉」も自由に出来るので大食いさんはどうぞ!

 

店長オススメの食べ方として、最初は太麺を食べてから替え玉で細麺を食べて、「一度で二度おいしい」食べ方がおすすめなんだとか。

 

紙エプロン、紙おしぼり、割りばし、ヘアゴムなどの用意もあるようなので、利用したい方はお気軽にどうぞ!という親切な「豚蔵」さんです。

 

地元の方も、観光の方も、気軽に食べれる金沢豚骨らーめんをぜひどうぞ。

 

アクセス

 

■「豚蔵(とんぞ)

  • 住所 石川県金沢市長町1-1-61
  • 電話 076-221-0125
  • 営業時間 11時30分~2時30分 5時30分~11時
  • 定休日 水曜日

 

■地図

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大好きな京都やスターバックス、漫画やiPhoneなどについて書いているブログ「LUCIE」のイス(井須)です。石川県小松市で美容師を経営する傍ら、自分の好きな事や興味のある事を発信して楽しく生きていけたらと日々精進中です。