インスタ映えの「角島大橋(つのしまおおはし)」へ行って来た。撮影のベストポジションはここ!

今、インスタ映えするっていうことでとっても有名なポイントが山口県にあるのをご存知ですか?

そこは「角島大橋(つのしまおおはし)」と言って、山口県下関市の上の方、日本海に面した「角島」にかかる大橋。

白い砂浜、エメラルドグリーンの海、青い空、そして白い大橋・・・

と、それはそれはきれいな所です。

自分も、インスタに魅せられて福岡県からレンタカーを走らせてこの目で見て来たので、写真を撮るならここっていうベストポジションを紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

191号線をひたすら日本海側に

 

角島大橋は、山口県下関市豊北町神田と同市豊北町角島間にかかる大橋で全長1,170メートルの無料の橋としては日本で2番目に長い橋だそうです。

 

 

地図で見るとこんなところで、下関と言ってもずいぶん上の方で日本海側に面したところにあります。

自分たちは、九州の福岡県からレンタカーで角島大橋に向かったのですが、寄り道しないで行ってもたっぷり2時間余りかかる距離でした。

途中、関門橋を生まれて初めて通過してテンションが高くなったところで角島大橋です。

もう最高潮に興奮しました。

 

たまたまインスタを見ていたら偶然に、「角島大橋」に遭遇してその存在を知った自分。

インスタで「角島大橋」と検索すると、たくさんのきれいな写真が目に飛び込んで来ます。

実物をいつか見てみたいと思っていた矢先、一緒に働くスタッフからもそんな声が上がり今回の旅となった次第です。

 

車は国道191号線を日本海方面に走り、やがて275号線へと。

日本海側の細い道路を進んで行くと、突如道が開けて「角島大橋」が目の前に飛び込んで来ます。

 

でかい!大きい!とにかく感動!

 

角島大橋は、「角島」という島にかかる大橋でこれが大橋の入り口です。

この角島大橋は、2000年11月3日に開通したそうでそれ以来自動車のコマーシャルなどで何度か紹介されたことから、今のような人気のある観光スポットとなったそうです。

 

▲角島大橋のビューポイントは2か所で、角島大橋の両側に見学する場所が設けられています。

写真の向かって左側はきれいに整備された高台になっていて、橋と海が良く見えます。

そして、右側の見学スポットは大型駐車場が整備されていてトイレと売店が併設されているので、自動車で来る人はひとまずここに駐車するのがいいです。

皆さん、車から降りられてカメラ片手に写真を撮っていました。

土曜日・日曜日は結構な人出でにぎわうそうなので、運転にはくれぐれもご注意ください。

 

さて、このビューポイントで撮影した「角島大橋」の写真がこちら↓

 

▲こちたの写真は、左側の高台から撮った1枚。海の中をまっすぐのびる橋が良く見えます。

 

▲そして、こちらの写真は駐車場側から撮った写真。

こちらは、さっきと違って高さが無いのでより大橋が強調されていますね。

これも、きれいな感じに撮れています。

 

角島大橋を撮影するならここがベストポジション!

 

ただ、もっと全体をきれいに撮れる場所がないかなって周りを見渡して探したら・・・

なんと、写真を撮るのにベストなポジションを発見しました。

 

それが、こちらの写真。

角島大橋を真上から見渡せる場所が、大橋入り口のすぐ真上にありました。

ここからの眺めが最高にきれいで、めっちゃ感動してしまいました!

駐車場から歩いて行っても、5分ぐらいの距離ですので時間に余裕のある方はぜひ!

 

ここなら全部見渡せます。

▲角島大橋、海、砂浜、空、そして角島。

全部が1つの画面で収まるベストポジション。

 

 

 

この日は、あいにく晴れたり曇ったりとお天気が今いちだったのですが、それでも十分きれいな景色を堪能しました。

ここまで、はるばる来た甲斐がありました。

 

 

アクセス

角島大橋

住所 山口県下関市豊北町大字神田 県道 276 号線

駐車場 角島大橋のたもとに駐車場があります

 

■地図

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大好きな京都やスターバックス、漫画やiPhoneなどについて書いているブログ「LUCIE」のイス(井須)です。石川県小松市で美容師を経営する傍ら、自分の好きな事や興味のある事を発信して楽しく生きていけたらと日々精進中です。