フォルクワーゲンゴルフカブリオ、修理工場に入院しました涙

こんにちは、いすです。

順調に距離を伸ばしていた93年式ゴルフカブリオ。

 

順調だったのですが、お盆明けぐらいからワイパーが不調でいよいよ最近になると動きが変。

今から段々と気候も悪くなるので、修理工場に持ち込み点検をしてもらうことにしました。

そんなわけで、ただ今代車生活になってしまいました涙

 

スポンサーリンク

ワイパーアームの故障かも?

 

工場で、ワイパーを外されてたたずむマイゴルフ・カブリオ。

ワイパーの取り付けなどの問題ではなく、ワイパー自体の経年消耗による不調の様です。

 

▲ワイパーアームの付け根部分のボルトで固定する部分が、経年消耗ですり減ってしまいしっかり固定することが出来なくて不調になったそう。

 

自動車部品屋さんでこの年式のゴルフのワイパーアームを調べてもらったのですが、もうすでに部品が無くお手上げの状態。

交換したくても、交換品がどこにもなくて困った状況になってしまいました。

 

そこで、購入先の「スピニングガレージ」さんで問い合わせをして現在は返事待ちの状態。

めでたく、中古品でもいいので部品が見つかると助かるんですが・・・

古い車はこういう事態が起こるので、こわい所なんですよね。

 

北陸地方は、雨が多い所なのでワイパーが使えないとなるとかなりやばい状態になりますからね。

無事解決できる事を願っているところです。

 

ついでに雨漏りの修理も

 

修理工場に出したついでに、以前から気になっていた「雨漏り」も修理してもらうことにしました。

雨が降った後に、何気なくトランクを開けたらもうびっしょり濡れていてビックリ仰天!!

 

いろいろ調べてみたところ、どうやらリアのガラス部分から結構な雨漏りがあることが判明。

 

▲リアウィンドーですが、下の部分に雨漏りする箇所が見つかりました。

 

▲ガラスをはめてある場所のすぐ下の鉄板部分に、広範囲でさびが浮いていました。

このサビの部分から、雨が降ると雨が漏って来て結構ポタポタと雨が落ちてきます。

 

落ちた雨は、このしたのトランクの部分へと落ちていき最終的にトランクが水浸しになるって感じです。

 

で、雨漏り箇所の修理なのですが当初は板金屋さんに持っていき見てもらったところ「ガラス屋さんの方が上手に修理する」という情報をもらったそう。

 

ガラス屋さんでは、雨漏り修理の為の秘策があるそうで、修理してもらったらとりあえずこの部分からの雨漏りは直ったそうで、まずは一安心です。

雨漏り箇所は、ここの他にもまだあって、運転席と助手席の窓からもポタポタ落ちてくるので今度また見てもらおうっと。

 

旧車は、こんな感じであちこち問題があってですね、これが面白いというかなんというか・・・

とりあえず、ワイパーの修理が終わらない事には家に戻ってこないので、早く部品が手に入るといいですね。

 

今は、こんなところかな。。。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大好きな京都やスターバックス、漫画やiPhoneなどについて書いているブログ「LUCIE」のイス(井須)です。石川県小松市で美容師を経営する傍ら、自分の好きな事や興味のある事を発信して楽しく生きていけたらと日々精進中です。