雪に埋もれたゴルフカブリオレを無事救出完了。あ~車庫欲しいー。

7年ぶりの大雪に見舞われた自分の住む石川県。

木・金・土と降り続いた雪も、日曜日には上がり青空の見える空になってくれてやれやれ。

ようやく積雪もひと段落してくれました。

そこで、自宅で雪に埋もれて雪だるまになっているゴルフ号を仕事の終えた日曜日の夜に、救出作戦を決行しました。

久しぶりにたくさん降り積もった雪と格闘すること2時間余り。

無事、任務完了できました。

 

スポンサーリンク

屋根に積もった雪がハンパない

 

日曜日の朝の車の様子。

自宅の駐車場に2台のゴルフが埋まっている状態がこれで、屋根に積もっている雪で40cmぐらいありました。

日曜日はお天気が回復して、雪解けが起きると解けた水分を雪が含んで重くなると車の屋根も押しつぶすぐらいの重量があるので、出勤前に屋根雪とボンネットの雪を落としてから出勤しました。

 

ゴルフカブリオレは、幌の天井なので尚更心配なので自宅に帰ってきたら屋根雪だけは毎日落としていました。

 

雪は自分の腰ぐらいまで達していました

 

 

まずは1台目のゴルフを出すべく雪かき開始。

雪はたっぷり自分の腰ぐらいまであるので、思ったより大変そう。

iPhoneで自分のお気に入りの音楽を聴きながら、無心で雪と格闘しながら堀進めます。

 

フロントが見えて来たのでもう少し。

日中は青空が見えるぐらい天気は良かったのですが夜になるとぐっと冷え込んで下の方の雪は凍っててカチンカチン。

それでも何とか1台目のゴルフは、雪から出すことができました。

 

この調子で、もう一台のゴルフも出してあげよう。

悪戦苦闘すること2時間ほどで、2台目のゴルフカブリオレも全貌が見えて来ました。

ヤッター!

 

25年前の古い車なので、エンジンがかかるか心配だったんですがそんな心配は無用でした。

セル一発で、「ブルン」とエンジンに火が入っていつものゴルフサウンドを聴かせてくれました。

「ドドドドッ」って言う久しぶりに聴いたエンジン音が、ジーンと泣けて来ます。

しばらくエンジンをかけて雪かきを続けていると、凍り付いた雪も解けて来てきれいになったカブリオレ。

 

心配した雨漏れも、凍っていたせいでかそれほど大した雨漏れもなく安堵。

雨漏れ受けに置いているトレイには、それほど水は溜まっていませんでした。

でも・・・

やっぱり、車庫欲しいーーーー

 

石川県の格言でこんな格言があります。

「弁当忘れても傘忘れるな」ってことわざがあるほど、雨が多い石川県です。

 

やっぱり、車庫があると安心して冬を越せるのでいつの日か、自宅に車庫を作りたいって今回ばかりは真剣に思ってしまいました。

 

今はまだ1月。

寒くなるのはこれからもまだまだあるので、早く春になるのを待つばかりの今日この頃です。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大好きな京都やスターバックス、漫画やiPhoneなどについて書いているブログ「LUCIE」のイス(井須)です。石川県小松市で美容師を経営する傍ら、自分の好きな事や興味のある事を発信して楽しく生きていけたらと日々精進中です。