ゴルフカブリオレ、幌の開閉用モーターからのオイル漏れ。やっと修理できました。

自分が所有する、93年式のゴルフカブリオレ。

屋根の部分が幌になっていて、電動モーターで開閉するようになっています。

ところが、その幌の開閉用モーターからオイルが漏れていて開閉できなくなるトラブルが発生しました。

屋根が開いたことはいいのですが、いざ閉じようとしたときにウンともスンともいわなくなって閉じることが出来なくなりました。

なんとか手と足で、自力で閉じて帰って来たのですが冷汗もんでした。

去年の秋からずっと気になっていたオイル漏れ。

このたび、ようやく修理することが出来ました。

 

スポンサーリンク

地元のワーゲン専門ショップで修理依頼

 

幌の開閉用モーターは、トランクルームの左側にあります。

黒いカバーが付いているのですが、そのカバーの後ろ側に隠れてついています。

写真中央に見える丸い金属製の物がモーターで、オイルで動作するようになっています。

オイルは白い半透明のカップの中に入っていて、どうやらカップを取り付けているビス部分からの漏れの様です。

 

こんな感じでオイルが漏れて、トランクルームがオイルで汚れてしまうので気になるんですよね。

 

当初、フォルクスワーゲンのディーラーで見てもらっていたのですが原因が特定できないという事で、修理不能と言われてしまったんです。

でも、どうしてもオイル漏れが気になるので地元でフォルクワーゲンとアウディーを専門に扱う修理工場に再度、修理を依頼しました。

 

そこは「シュポルト」というショップで、ワーゲンゴルフとアウディーがたくさん。

ワーゲン好きにはたまらないショップの様ですね。

 

本当は去年のうちに修理を出せるように、部品の手配などをお願いしていたのですが、自分の車が故障して動けなくなったり2月の大雪で身動きできなかったりでこのタイミングになってしまいました。

 

とりあえずオイルカバーの交換をしました

 

シュポルトの担当者の方によると、幌の開閉用のモーターはもう生産中止をしているそうで、交換可能なものはオイルカバーのみ。

オイルカバーからのオイル漏れが報告されているようなので、とりあえず交換できる部品があるうちに交換してみたら・・・という事でカバーの交換となりました。

 

で、実際に交換したオイルカバーが上↑の写真。

四隅にネジで固定するビス穴があるのですが、そこがひび割れてそこからオイルが漏れる事があるそうです。

部品自体は安くて、9,000円ほどで手に入りました。

 

▲こちらが新しいオイルカバーを装着した図。

 

カバーを交換してから10日ほど経つのですが、今のところ調子いいみたいです。

オイルの漏れも確認でき無いので、これでオイル漏れは収まったかも・・・

まだわかりませんが、しばらく様子を見ることにします。

 

修理代 詳細

 

今回のオイル漏れの修理代金の詳細も備忘録をかねて書いておきます。

●カブリオレポンプリペアキット 9,300円

●補充オイル代 1,200円

●交換工賃 8,000円

●消費税 1,480円

■総合計 19,980円

 

部品が国内になくて本国ドイツから送ってもらっての手配になりました。

海外からの部品調達でも、9,300円の部品代って良心的でよかったです。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大好きな京都やスターバックス、漫画やiPhoneなどについて書いているブログ「LUCIE」のイス(井須)です。石川県小松市で美容師を経営する傍ら、自分の好きな事や興味のある事を発信して楽しく生きていけたらと日々精進中です。