漫画「アルスラーン戦記」。国家の存亡をかけた騎士物語にハラハラ・ドキドキ!

 

こんにちは、いすです。

漫画、読んでますか?仕事で疲れた時や、少し時間が出来た時など自分はよく漫画を手に取って読んでいます。

読んでいると、自然とその物語の中に入ってしまって「うわー、どうなる??」って事が良くあります。

ハラハラ・ドキドキしながら読む漫画が好きなのですが、今日紹介する「アルスラーン戦記」もとってもハラハラさせてくれる面白い漫画です。

 

スポンサーリンク

王子 アルスラーン

 

アルスラーン戦記1 P12 画 荒川弘 作 田中芳樹 講談社

 

漫画、「アルスラーン戦記」は古代ペルシャの架空の都市「パルス」を舞台にした歴史戦闘漫画です。

田中芳樹さんの小説を、荒川弘さんが漫画にしたもので1巻からグイグイ物語の中に引きずられるぐらい面白い戦闘漫画です。

 

「アルスラーン戦記」の主人公は、「パルス」の王子「アルスラーン」。14歳になったある日、初の初陣を飾るところから物語が進んでいきます。

パルス軍の強さは、どの国の軍隊よりも抜きんでていてパルスと敵では大人と子供ほどの違いあるほどの強い軍隊。

 

その強国の次世代を担うのが若干14歳の王子アルスラーン。

 

しかし、王子アルスラーンは「頼りない」「気弱」「器量不足」と世間からは言われる、見るからに優しそうな気弱な青年。

しかし、そんなアルスラーンには人を呼び寄せる運や誰彼かまわず友達になる気さくさがある憎めない王子。

 

そんな王子の初陣で、仲間の裏切りでパルス軍が敗退。

王都を追われる身になってしまう、14歳のアルスラーン。

 

いろんな人々の力で、困難に打ち勝ちながら故郷を奪還する壮大な時代ロマン漫画です。

 

気弱な頼りない14歳の王子が、戦いの中で成長していき立派な主君になる過程がとても面白くあっという間に完読してしまいます。

 

現在(2017年4月2日)は6巻まで発行されていて、新刊が5月に予定されているようです。

次が早く読みたいです!!

 

アルスラーン戦記 基本データ

 

■第1刷発行 2014年4月9日

■原作 田中芳樹 画 荒川弘

■講談社

■現在6巻で連載中

 

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大好きな京都やスターバックス、漫画やiPhoneなどについて書いているブログ「LUCIE」のイス(井須)です。石川県小松市で美容師を経営する傍ら、自分の好きな事や興味のある事を発信して楽しく生きていけたらと日々精進中です。