でたー、スターバックスから世界最高峰のコーヒー「ジャマイカ・ブルーマウンテン」。一杯1,600円!

2017年5月25日。スターバックスリザーブより「ジャマイカ・ブルーマウンテン」が発売されました。

ブルーマウンテンコーヒーは、キングオブコーヒーといわれるほどおいしいコーヒーと名高いコーヒーです。

スターバックス・リザーブ店舗とオンラインストアで購入可能です。

 

スポンサーリンク

ブルーマウンテンコーヒーとは?

ジャマイカのブルーマウンテンは、その青みかかった霧に包まれて山が青く見える事から「ブルーマウンテン」と呼ばれる様になったそうです。

ブルーマウンテンで栽培されるコーヒーは、生産量が少なく希少性がどの品種より高く、「かおり」、「コク」、「味」がどのコーヒーよりバランスが取れている品種で、キングオブコーヒーと言われるほどおいしいコーヒー。

 

しかも、ブルーマウンテンコーヒーとして栽培されるコーヒーは、厳しく栽培される地域も管理されており、ブルーマウンテンコーヒーと呼べるのはその地区で栽培された物だけなんだとか。

それほど厳しく栽培が管理されているブルーマウンテンの、さらに最も高い標高で栽培された高級な豆だけを使ったコーヒーがスターバックスの「ジャマイカ ブルーマウンテン」なんですよ。

 

もう、こう聞くだけで喉がなるほどおいしそうですね。

 

値段がやばいことに・・・

そんな、世界で最も希少でおいしいとされている「ジャマイカ ブルーマウンテン」。

価格も、大変な事になっています。

 

なんと、250gで堂々の8,000円です。

スターバックスで販売されているコーヒーより、希少性の高い豆を扱っているスターバックス・リザーブでも、こんな高額なコーヒーは最近では見かけません。

 

3年ほど前に販売した、「パナマ アウロマール ゲイシャ」というコーヒーが10,000円ぐらいの値段だったと記憶していますが、それに次ぐぐらいの高価なコーヒーです。

 

もちろん、今スターバックスで販売しているコーヒーの中では一番高いコーヒーです。

 

ブルーマウンテンをスターバックスのお店で飲むと、トールサイズで驚きの1,600円です。ははは笑

 

でも、自分、昨日の25日にオンラインから注文を入れました。

 

と、言うのも3年前の「パナマ アウロマール ゲイシャ」。

自分の住む石川県では、スターバックス・リザーブのお店が無いので京都まで飲みに出かけました。

 

ところが、京都のどのスターバックス・リザーブ店舗でも完売でただの一杯も飲むことが出来ませんでした。

その時の、苦い経験があるので発売と同時にオンラインでポチしました。

 

まいったか!!

 

と、言うわけでブルーマウンテンが届くのめっちゃ楽しみです。

 

そういえば、もう何年もブルーマウンテン飲んでないなぁーと思いつつ待つことにしよう。

 

■ジャマイカ ブルーマウンテン

250g 8,000円(税抜き)

 

スターバックス・オンラインストア

http://www.starbucks.co.jp/beans/reserve/4524785203846

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大好きな京都やスターバックス、漫画やiPhoneなどについて書いているブログ「LUCIE」のイス(井須)です。石川県小松市で美容師を経営する傍ら、自分の好きな事や興味のある事を発信して楽しく生きていけたらと日々精進中です。