グリーン・コトハ(cotoha)。死ぬほど興奮する観葉植物のお店が京都にあります。

グリーン大好きな@いすです。

2015-1021-18

 

自分のお店(美容室)の中もグリーンがたくさんあって、スタッフからは水やりが大変だからこれ以上増やさないでってお叱りを受けるぐらいグリーンが好きです。

グリーンがそこにあるだけで、とってもオシャレに見えたり雰囲気が出たりしてインテリアの一部としてもとても重要ですよね。

そんなグリーン好きの自分が、死ぬほど震えたお店が今日紹介する「コトハ(cotoha)」というお店です。

 

実は、昨日書いたエントリーの「クランプコーヒーさらさ」の上のショップが「cotoha」という恐ろしい偶然。

数年前に目にしたグリーン雑誌で「cotoha」が紹介されていたのを見て「うわっ、いきてぇー」って思ったんですが立ち読みだったんで住所や電話番号を控えられず。

京都っていう事だけは知っていたので、いつかは行けるやろって思っていたらホント偶然に出会ってしまいました。

 

2015-1021-17

グリーンに興味ない人からすると「ただの草」なんですけど自分にとってはもう人生の最高のアクセント。そんなステキな震える体験を皆さんにも。

 

スポンサーリンク

もう、ジャングルっす

昨日の「クランプコーヒーさらさ」のエントリーはこちら。

クランプコーヒーサラサ。京都二条城近くにある隠れ家カフェで生き返ったよ。

 

究極の隠れ家的なお店で、1階がカフェの「クランプコーヒーさらさ」と「cotoha」の経営する「ブルー ミスト ボーン」という花屋さんがある奥に長い長屋的なショップ。

「cotoha」はその長屋の2階にお店があります。

2015-1019

 

よくよく見ると「キウイ」がなってるし。なんとダイナミックな外観でしょう。

2015-1021-2

 

一番奥まったところにコトハに通じる階段があります。入り口にしてこれなので中はどんな事になってるか興味深々。

2015-1021-15

 

階段を登って2階に行くと、当然2階がお店かと思いきや2階からまた中で1階に降りるという何ともシャレたお店です。

店内は1階から2階までが吹き抜けになっていて2階から下を見下ろすとこんな感じでもうジャングル状態です。

心臓飛び出しそうなぐらいブルブル震えてきます。

2015-1021-6

 

下へ降りる階段をガクガクになった足で降りていくと、もうなんと表現していいかわからないコトハ・ワールドが広がっています。

マジでここはやばいですって!!!

 

2015-1021-7

 

2015-1021-8

 

2015-1021-9

 

2015-1021-10

 

「クランプコーヒーさらさ」のエントリーでも書いたのですが、この雑多の感じがホントやばい。

どうでしょうか、40坪ほどある吹き抜けのフロワーに観葉植物がザーッて置いてあって小さい物も大きい物もすごい存在感を放っています。

中は通路という通路が無く、お客さん同士交差するのも周りの植物に気をつけながら頭を低くしてすれ違うという、なんともナイスな空間。

こんな中にいたら、どんな人でも人間がやさしくなりそうです。

 

2015-1021-11

 

天井からもブラブラ下がっているし、足元にも転がっているしまぁー楽しすぎる!!

2015-1021-12

 

ウンベラータも姿がとってもカッチョいい。

2015-1021-13 2015-1021-14

 

大鉢の観葉も枝ぶりの感じがとても良くて、もうどれもこれも欲しーーーーー。

写真には撮れなかったのですが、大きな丸いサボテンがあってホントほしーーー。

 

まさか、cotohaに出会えるなんて思ってもいなかったので所持金も無くて、とりあえずエアープランツだけ買って来ました。

さっそく自分のお店に飾ってにんまり。

2015-1020-4

 

これは、水やりも不要の究極のお手入れ簡単な植物。ときどき霧吹きで水分補給してあげるだけで育てられる不思議な植物ですが、なんかこれだけでも大満足です。

 

グリーンの好きな方で京都へ行かれることがあったら、ぜひ行ってみて下さい。

自分みたいにガクブル震えますよ。

そんなわけで、京都へ通う楽しみがまた増えました。ありがたや。。

 

2015-1021

 

アクセス

■cotoha コトハ

住所:京都市中京区西ノ京職司町67-38

  • 営業時間  8:00~19:00
  • 不定休
  • TEL 075-802-9108

■地下鉄:地下鉄東西線二条城前駅で下車。徒歩7分ほど。

■自家用車の場合は、おなじみ御池地下駐車場が便利です。

■地図

クランプコーヒー同様、大変見つけにくいお店です。路地の奥にお店がある感じで通りに出ている小さな看板を目印にどうぞ。

 

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大好きな京都やスターバックス、漫画やiPhoneなどについて書いているブログ「LUCIE」のイス(井須)です。石川県小松市で美容師を経営する傍ら、自分の好きな事や興味のある事を発信して楽しく生きていけたらと日々精進中です。