171年ぶりの奇跡のお月様が、今日11月5日に見られますよ!

2014-908-5
(今年の15夜お月様)

こんにちは、やなだ@いすです。

みなさん覚えていますか?今日11月5日は171年ぶりのお月様の日ですよ。

 

スポンサーリンク

本日11月5日は、171年ぶりのミラクルムーン

先月のこちらのエントリーでも書いたのですが、名月と言われている「15夜お月さん」と「13夜お月さん」。

この2つのお月様は、毎年お天気が良ければ見る事が出来る満月の名月です。

今年は、両方ともきれいに見る事が出来ましたね。もっとも、13夜のお月様は10月6日だったのであいにく慰安旅行で北海道へ行っている時。

翌17日の夜に小樽の運河通りできれいに見る事が出来ました。

 

で、肝心の本日のお月様はどうしてミラクルムーンなのでしょうか?

それは、13夜のあとに出る満月の「後(のち)の13夜」という名月に今日のお月様が当たるからなんです。

13夜のお月様が1年に2回現れるのが、実に171年ぶりだから「ミラクルムーン」と言われるわけです。

 

どうして今年だけ、171年ぶりの奇跡がおこるのか調べたのですが天体の世界って本当に難しくて頭の悪い自分にはわかったようなわからないような・・・

 

答えは、旧暦の暦を使うからなんですね。

 

月の満ち欠けを基準とする旧暦では、1ヶ月は29日もしくは30日です。これで計算すると1年は354日になるそうです。

でも、今は太陽暦で1年は365日ですよね。ここに、11日分ずれが生じます。ずっと、11日分がずれると季節との間にもずれが出て来ておかしなことになります。

 

そこで、この11日分のずれを直すのに3年に1度閏月を入れてずれを調整する様になったんですね。(11日×3=約ひと月)

1日を入れるんではなく、1ヶ月分を閏月として入れて調整します。

 

その閏月を入れるのが実は今年の2014年というわけで、9月の次にもう一度閏9月が入るので9月13日の13夜が2回出来たというわけです。

旧暦の9月13日は、今年の10月6日でその後の13夜に当たるのが今日11月5日というわけなんです。

 

分かったようなわからないような話なんですが、そうなんですもんね。そうしときましょう(^_^)

 

前回、「後の十三夜」があったのは1854(天保14年)なので、実に171年ぶりの出来事が今日あるというので「ミラクル」なんですよ。

一生に一度の、まさにスーパームーンが今日のお月様です。

 

お天気が心配なのですが、晴れる様に願うばかりです。

あったかくして、奇跡のお月様を目撃しましょうよ!!

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大好きな京都やスターバックス、漫画やiPhoneなどについて書いているブログ「LUCIE」のイス(井須)です。石川県小松市で美容師を経営する傍ら、自分の好きな事や興味のある事を発信して楽しく生きていけたらと日々精進中です。