行列必至、「葱や平吉高瀬川店」のとろろ飯をネギと食らう。

京都高瀬川。

鴨川のすぐ隣をさらさら流れる小川が高瀬川。

春には、高瀬川のほとりに桜が咲き誇りそれはそれはきれいな光景が見られます。

京都でのさくらのおすすめスポット「木屋町高瀬川」。川面に映るさくらがきれいです。

 

そんな高瀬川に面した、今話題のグルメなお店に行って来ました。

行列必至のそのお店は、「葱や平吉高瀬川店」

この日も40分ほど並んでテーブルに付くことが出来たんですよ。

 

スポンサーリンク

今回が三度目の正直

 

「葱や平吉高瀬川店」のうわさを聞いて、今回が三度目の訪問でした。

過去2回は、あいにく行列がすごすぎて正直待つのが無理と判断してUターン。

3回目の今回は、開店20分前について行列に加わりました。

 

ほどなくしてお店には入れたのですが、自分たちの5人手前であいにくの満席。

店舗の中で、待つことになりました。

 

「葱や平吉高瀬川店」は京町屋をリノベーションして作ったお店で、和風の感じがなかなか素敵なお店です。

 

1階は木のテーブル席で2階がお座敷になっているようです。

天井も壁も全部木のお店で、くつろげます。

お店の色も、こんなダークなブラウンの色調で余計に落ち着いてのんびり出来ます。

 

待つこと40分ほど。

自分たちは、1階のテーブル席に腰を下ろしました。

「葱や平吉高瀬川店」の横には高瀬川が流れ、京都らしい風情がいっぱいです。

さー、何を食べよう!!

 

名物は、とろろ飯とたっぷりのネギ

 

こちらがランチメニューです。

 

「葱や平吉高瀬川店」の名物は、なんといっても「やまといも、つくねいも、ながいも」の3種類をブレンドしたとろろを使ったとろろ飯。

これは、絶品とインスタなんかでもたくさん投稿されていますもんね。

 

なので、自分は「西京焼とろろめし」にしました。

妻は、天ぷらが食べたいという事なので「葱や天ぷら定食」。

長女は、「肉吸いとろろめし」。

どんな、おいしいとろろめしが出てくるか楽しみですね。

 

うわさ以上のおいしさ

 

こちらが、自分が注文した「西京焼きとろろめし」。

ご飯は、白米と玄米とで選べるので自分は白米。

西京焼きもおいしそうです。

 

こちらは、妻の注文した「葱や天ぷら定食」。エビフライや野菜の天ぷらなど

ころもがサクサクしていておいしいでしょうね。

 

こちらは、長女が注文した「肉吸いとろろめし」。

肉吸いというのは、牛肉をだしとネギで煮たお汁の様なもの。

ちょっというと、肉うどんのおだしの様な感じでしょうか。

食べごたえ十分です。

 

お膳が揃ったところで、スタッフさんが名物のとろろをご飯にかけにやって来ます。

 

 

 

 

とろろがご飯にかかったところで、たっぷりのネギをごはんにかけて

 

さらに卵を上にかけて完成です。

 

卵の黄身を割ってご飯と混ぜて豪快にいただきます。

とろろに味が付いているので、そのままでもおいしいのですがお好みでしょうゆや南蛮をかけて食べてもいいそうですよ。

小鉢は、おからや葱のぬた、昆布や味噌などご飯のお共になりそうなおかずもおいしいです。

見た目のボリュームが結構あるのですが、スルスルって完食出来ました!

 

ご飯、味噌汁はお代わり自由ですので大食いさんは遠慮なくお代わりをどーぞ笑

 

ランチ時は、1時間待ちや2時間待ちはザラの超人気店なのも納得の「葱や平吉高瀬川店」。

ランチは11時30分からなので、早めに行って開店と同時に店内に入るのがベストな感じです。

 

並んでも食べたい、そんな「葱や平吉高瀬川店」でした。

 

アクセス

 

「葱や平吉高瀬川店」

  • 住所 京都府京都市下京区市之町260-4
  • 電話 075-342-4430
  • 営業時間 ランチ11:30 – 15:00(L.O.14:00)ディナー18:00 – 23:00(L.O.22:30)
  • 休日 無休

 

※最寄駅は、阪急京都線河原町駅より7分

 

■地図

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大好きな京都やスターバックス、漫画やiPhoneなどについて書いているブログ「LUCIE」のイス(井須)です。石川県小松市で美容師を経営する傍ら、自分の好きな事や興味のある事を発信して楽しく生きていけたらと日々精進中です。