漫画「おおきく振りかぶって」。読むと思わず熱くなる、女性作者の情熱野球漫画。

 

巨人の星やドカベンなど野球漫画はたくさんあれど、この「おおきく振りかぶって」という野球漫画は従来の野球漫画に無い「細かな心理描写」がとても上手な野球漫画です。

それもそのはず、女性作者の野球漫画なんですよ。

 

「スポンサーリンク」

女性らしい細かな心理描写が面白い

漫画の話に入る前に、「おおきく振りかぶって」の作者紹介から先にさせてください。

この漫画の作者は、「ひぐちアサ」さんとおっしゃる女性漫画家です。

 

ひぐちアサさんも、中学・高校とソフトボール部に所属する野球少女で、その経験を生かして「おおきく振りかぶって」を書いていらっしゃるようです。

ご自身もソフトボールですが、野球経験者としてプレーしていたので、漫画でのバッターとピッチャーの駆け引きや選手の心理描写がとても細かく描かれています。

 

今までの野球漫画と言えば、勝ち負けやミラクルシーンなど汗と根性の様な野球漫画が多かったと思うのですが、ひぐちアサさんの描く「おおきく振りかぶって」はそういう意味ではちょっと今までと違う野球漫画かも知れません。

読んでいて、選手の心理が良く分かりこちらも「ドキドキ・ハラハラ」してしまって、ついつい熱が入ってしまう面白さがあります。

 

創部1年目の西浦高校野球部

「おおきく振りかぶって」の舞台は、埼玉県にある西浦高校野球部です。

 

西浦高校野球部は、創部1年目で選手は新入生の1年生のみ。

しかも野球部監督は、なぜか若い女性監督「百枝(ももえ)」。さらに、野球部顧問の先生も野球経験なしの「志賀(しが)」先生。

何もかも初めて尽くしの西浦高校野球部が、たった10人の野球部員で甲子園目指して奮闘していくストーリーです。

 

 

主人公は、中学時代からエースナンバー1の「三橋 廉(みはしれん)」。

中学時代はエースとしてマウンドに立っていたのですが、「えこひいき」でエースになれたと言われていた中学時代。

というのも、三橋の通う中学は三橋の祖父が経営する中学だったので「えこひいき」のエースと言われていたんですね。

 

そのことに傷ついて自信を失っていた三橋が、新天地を求めて来たのが創部1年目のここ西浦高校野球部というわけです。

 

「スピードのおそい」「自信のない」「めんどくさい」エース三橋を、ささえて真のエースに育てていくと誓うのはキャッチャー「阿部(あべ)」。

頭脳派の阿部は、ピッチャーの心理をうまくリードする一方、打者の心理もうまく読んでリードするスタイル。

予想する配球がズバズバ決まって、自信のないスピードの遅い三橋をうまく盛り立てて勝利を築いていきます。

 

1年生だけのチーム、西浦高校野球部。

三橋、阿部、百枝の3人を中心に展開していくストーリーは、1巻からどんどん引き込まれていきます。

 

根性、汗、勝負

 

という従来ありがちな野球漫画とちょっと違う、女性作者の描く一味違う野球漫画「おおきく振りかぶって」。

 

野球漫画に革命を起こした

 

と言われる本作品は、新しい切り口の野球漫画として読んでいてとてもためになる、そして文句なく面白い野球漫画です。

実は、現在は27巻で休刊となっているのですが、その理由が作者さんの出産だそうです。

 

そんなところも女性作者らしく、しっかり休養して復帰して欲しいものです。

野球に興味のない方でも、そして女性の方でも十分楽しめるストーリーと内容ですので、読んで損は無い野球漫画それが「おおきく振りかぶって」です。

 

「おおきく振りかぶって」 基本データ

 

■第1刷発行 2004年3月29日

■作者 ひぐちアサ

■講談社

■27巻連載中

 

 

●新品で読んでみる●
Amazonでチェック

「スポンサーリンク」

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です