スターバックス発祥の地の名前が付く「パイクプレイス・ロースト」。

2014-1214

スターバックス大好きなやなだ@いすです。

スタバには、たくさんのブレンドコーヒー豆を販売しているのですがその中でもこれ「パイクプレイス・ロースト」は別格なコーヒーです。

 

スポンサーリンク

スターバックス発祥の地の名前のコーヒー

スターバックスの第1号店は、シアトルの「パイクプレイス・マーケット」という市場の一角に出来たのが一番初め。

ここからスターバックスが店舗を拡大して今の様に世界中で愛されるコーヒーチェーンになったんですね。

 

そのスタバ発祥の地の名前が付いているコーヒーという事で、特別なコーヒー豆というわけですね。

パイクプレイス・ローストの豆の生産地は「ラテンアメリカ」。

サッパリとした爽やかな風味が特徴のコーヒーの様です。

 

パッケージが、見るからにコクがありそうで深い味わいのダークな感じがひしひし伝わってきます。

でも、その実飲んでみるととてもさわやかでちょうど良いコクと酸味がとても飲みやすいコーヒーに仕上がっています。

 

色もきれいに澄んで、とてもいいコーヒー色をしていますよ。

2014-1214-3

 

 

コーヒーの深さは、ミディアム・ロースト

スターバックスコーヒーでは、コーヒーの味の深さを3つのレベルで分けているのをご存知ですか?

 

  • 豆の炒り方が浅い浅炒りコーヒー:ブロンド・ロースト
  • 豆の炒り方が中ぐらいのコーヒー:ミディアム・ロースト
  • 豆を深く炒ったコーヒー:ダーク・ロースト

という具合になっています。

 

パイクプレイス・ローストは、中ぐらいの炒り方のミディアム・ローストでちょうど良い加減の深さとコクが楽しめるコーヒー。

朝飲んでも、夜飲んでもホッとできるおいしいコーヒーですよ。

 

■パイクプレイス・ロースト 250g ¥1,140(税抜き)

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大好きな京都やスターバックス、漫画やiPhoneなどについて書いているブログ「LUCIE」のイス(井須)です。石川県小松市で美容師を経営する傍ら、自分の好きな事や興味のある事を発信して楽しく生きていけたらと日々精進中です。