さくら開花予想2017。2017年は平年並みから遅めとの予想で京都は3月29日。


IMAGE:ウェザーマップ

 

気象情報サービス会社のウェザーマップ(weather map)がこのほど桜の開花予想を発表しました。

それによると、今年(2017年)の桜の開花予想は平年並みから遅めの予想だという事です。

 

スポンサーリンク

京都での開花予想は3月29日

 

今年の桜の開花が遅れる原因は、今年の冬が暖冬で推移した影響で桜の「休眠打破」が遅くなるのが影響するそうです。

昨年、12月や今年1月の気温が高い状態が続いたためだそうです。

 

休眠打破って?

 

休眠打破っていうのは、桜の花の芽は夏に形が出来た後はしばらく休眠して、冬の寒さでビックリして眠りから覚めるそうです。

その、眠りから覚める事を特に「休眠打破」と呼ぶそうです。

 

今年の冬は暖冬傾向が続いていたので、桜の芽が眠りから覚める様な寒い時が無くて、休眠打破が鈍い事から、「今年の開花は遅め」と予想されるみたいですね。

 

上の図にもあるように、今年の桜の開花予想は

  • 福岡 3月26日
  • 高知 3月25日
  • 京都 3月29日
  • 大阪 3月30日
  • 名古屋 3月27日
  • 東京 3月26日
  • 北陸 4月5日
  • 東北 4月10日

と予想されています。

 

自分の住む石川県では、4月5日の開花予想で入学式にはぎりぎり間に合いそう。

でも、満開はまだ先なので桜の花びらの少ない入学式になりそうですね。

 

いずれの場合も、満開の見ごろは4月に入ってからになりそうですね。

 

ちなみになんですけど、昨年(2016年)の開花日と満開日のデータがここにあります。

 

京都での開花日は、3月23日で満開日が4月2日でした。

自分の住む、石川県金沢で開花が3月30日。満開が4月4日。

 

去年から比べると、やはり今年は遅めの開花だと言えますね。

 

まだまだ寒い今日この頃ですが、桜の事でも考えてちょっとはホッコリした自分でした。

では、また。

 

2015年京都インクライン

 

(from:weathermap)

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大好きな京都やスターバックス、漫画やiPhoneなどについて書いているブログ「LUCIE」のイス(井須)です。石川県小松市で美容師を経営する傍ら、自分の好きな事や興味のある事を発信して楽しく生きていけたらと日々精進中です。