京都のパワースポット。京都神泉苑の龍パワーがハンパないです。

こんにちは、やなだ@いすです。

京都にはパワースポットと言われる神社やお寺が点在していて、そんなパワースポットをめぐるのが好きだったりします。

今日ご紹介する「京都神泉苑(しんせんえん)」もそんなパワースポットの1つです。

神泉苑のパワーの源は、あとからも紹介しますが「龍神」のパワーなんですよ。

スポンサーリンク

京都神泉苑

京都市内のほぼ中心にある「神泉苑」。神泉苑の道をはさんだ隣は、超メジャーな観光地「二条城」です。

その二条城に隠れて、マイナーな存在になっている神泉苑ですがどうしてどうして大変なパワーのあるパワースポットとしてその道では有名な神社です。

2014-102

2014-102-7

ここ神泉苑は、今ではこじんまりした小さな神社なのですが昔はこのあたり一帯が神泉苑の敷地だったそうで、二条城もかつては神泉苑の中にすっぽり収まっていたそうなので相当の広さだったようです。

神泉苑の歴史はとても古く設立されたのが794年の平安時代で、桓武天皇が京都に都を移したころに出来たそうで元々は天皇家ゆかりの庭園だったそうです。

庭園の中心には大きな池があって、その池を中心にした名園だったそうですね。

善女龍王(ぜんにょりゅうおう)伝説

そんな歴史の古い神泉苑がなにゆえパワースポットして有名なのかというと、その池には古来より龍神が棲むという龍神伝説が伝わる神社だからです。

その龍の名を「善女龍王(ぜんにょりゅうおう)」と言い、雨を降らす龍として名高い龍だそうでなので神泉苑の池はどんなに日照りが続いても枯れたことが無いと言われています。

2014-102-10

ちなみに、京都市役所の前の大きな通りを「御池通り」というのですが神泉苑の池から名前を取ったそうですよ。

その龍神様ですが、そのパワーがハンパないほどのパワーがあるそうでひとたび怒るととてつもない大雨が降ったりするのでそのパワーを鎮めるのにお社を作ってお参りする対象となったそうです。

2014-102-9

龍神を祭ってあるお社。

2014-102-8

こんな話も残っています。

源義経(みなもとのよしつね)が京の都で、静御前(しずかごぜん)と出会ったのもここ神泉苑の池のたもとだったらしく2人を引き合わせたのが「善女龍王」だという話もあります。

あの、絶世の美女と言われる静御前と京の町で恋に落ちた源義経。なんともロマンチックな話でありますね。

なので、縁結びの神社としてもご利益があるというので若い女性の方も時々お参りしているのを見かけます。

神泉苑の池に、こんな赤い橋が架かっていてこの橋を渡る時に心の中に願い事を1つだけ唱えながら渡ると願いが成就すると言われているんですよ。

2014-102-5

あれもこれも、欲張ったらダメなんですね(*´ω`*)

恵方社

それと、もう1つここの神社の特徴に「恵方社」という変わったお社があります。

2014-102-3

それが、この恵方社です。↑

この「恵方社」というのは、今ではすっかり2月の風物詩になった感のある恵方巻のあの「恵方」の事です。「恵方」というのは、その年の吉の方角を「恵方」と呼んでいます。

2014-102-4

その恵方に向かってクルクル回転するお社がその「恵方社」というわけ。そんな恵方社があるのは日本でも唯一、ここだけだそうなので毎年の正月にはここ神泉苑に来て吉方に向かってお参りするのが我が家のお決まりになっています(^^♪

ちなみに今年の恵方は、「東北東」。今年ももう10月になりましたが、東北東が吉なのでその方角に向かってそっと手を合わせましょう!!

京都神泉苑の場所

神泉苑の場所は、二条城の道を挟んだ目の前。

最寄り駅は、地下鉄東西線の二条城前。駅から徒歩3分ほどの距離になります。

駐車場が無いので、電車を利用した方が良いかもしれません。

京都駅からの行き方を書いておきますね。

京都駅 ⇒ 地下鉄烏丸線で烏丸御池駅下車 ⇒ 烏丸御池駅で地下鉄東西線に乗換え ⇒ 地下鉄東西線の二条城前駅下車

2014-102-11a

京都神泉苑

京都府京都市中京区御池通神泉苑町東入ル門前町

龍神パワーを感じ取って来てください(^^)/

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます。よろしければシェアいただけると嬉しいです。

更新情報はこちらからフォローしていただけます。よろしくお願いします!

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です