スターバックスコーヒー・ジャパン、米スターバックスの完全子会社化へ。

2014-924

本日9月24日、スターバックスコーヒー・ジャパンより突然の発表がスターバックスのホームページでありました。

その内容はというと、スターバックス・ジャパンがアメリカ・スターバックスの完全子会社になるという話です。

いちスタバファンの自分としてはまさに「え~!!」という発表で、これからのスターバックスはどうなるのかなとホームページを見ながら思ってしまいました。

 

日本のスターバックスコーヒー・ジャパンは、1995年にアメリカのスターバックスと日本の企業との合弁会社でスタートして現在1000店を超えるお店が日本に誕生しました。

日本の企業というのは「サザビーリーグ」という会社で、雑貨の「アフタヌーンティー」やヤングファッションブランドの「AndA」や「アメリカンラグシー」を経営している会社といえばだれでも「あ~」とわかりますよね。バッグのサザビーもここの会社です。

 

自宅のリビングの様なくつろげる店舗づくりをスローガンにスタバファンを獲得して、今の様に「とりあえずスタバ」みたいなコアなお客さんを増やしていきました。

まぁー自分もそうなのですが、どこの土地へ行ってもスタバに行けるというのがありがたくて、観光地へ行ってもついついスタバに入るという感じのお客さんが多い様に思えます。

 

元々スターバックスコーヒー・ジャパンのフランチャイズ販売権契約は、2021年3月までで期限がいったん切れて自動更新の条項は含まれていなかったそうなので、いずれはアメリカのスターバックスの子会社となる事が決まっていたようなところもあったのでしょうか。

 

完全子会社化となると、今は株式を日本で上場しているのが廃止になるわけで本日の発表には日本での上場廃止に伴い今まであった株主優待券や株式配当も無くなるという事も同時に発表がありました。

実は自分、スターバックスの株を何年か持っていてこの春に売却した所なんですよね。最近のスターバックスは業績が好調で売り上げもどんどん伸びています。

その結果、株価も値上がりしているのでもうそろそろまた株式を買い戻そうと思っていた矢先なのでなおさら驚いてしまいました。

スターバックスの株を100株以上持っていると、コーヒーチケットが2枚当たるという優待券がひそかな楽しみだったんですがこれも来年から無くなると思うと残念。

今持っている優待券が最後の優待券となってしまいました(>_<)

大事に取って置いて、大切に使います。

 

日本からスターバックスが無くなるわけではなく、今まで通り営業を続けていくわけなんですが何となく淋しいなぁーと思う今日一日でした。

スターバックス・ジャパンは、すべてが直営店なのでスタッフ教育やサービスがどこのお店に行っても納得できるレベルでいつもすごいなぁーと思って見ていたのですが、今後アメリカの資本100%になったらどうなんだろうかとちょっと心配です。

出来る事なら日本人の手で日本に合った店舗作りをずっとして欲しかったなと思います。

 

ちなみに、アメリカのスターバックスになったらまだ計画段階らしいですがお茶の専門店や今までと違う形態のお店も出来るそうですから、それを楽しみに待つとしましょう。

 

ヤフーニュース

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大好きな京都やスターバックス、漫画やiPhoneなどについて書いているブログ「LUCIE」のイス(井須)です。石川県小松市で美容師を経営する傍ら、自分の好きな事や興味のある事を発信して楽しく生きていけたらと日々精進中です。