フォルクスワーゲン ゴルフ2 カブリオはこんな車。

こんにちは、いすです。

昨日のブログでも書いたように、自分の購入したフォルクスワーゲンゴルフ2カブリオは予定通り25日土曜日に、横浜にあるスピニングガレージを出たようです。

このまま予定通りなら、今週中頃には石川県の自分の元へ恋焦がれていた車が届くようです。

自分のかったゴルフ2カブリオってこんな車です。

 

スポンサーリンク

ゴルフ2カブリオ スペック

 

ゴルフ2カブリオ ベースグレード

 

自分の購入した車は、1993年式なのでゴルフ2カブリオとしては最終モデルになります。

下のスペック表を見ていただければ、わかると思うのですがそのサイズ感がたまりません。

 

 

全長が3985mm、全幅が1630mmしかなく、実は今のゴルフポロより小さいサイズで出来ています。

そのコンパクトなボディーに1800ccのエンジンを積んで、車重が1トンちょっと。

キビキビ走ってくれそうです。

そして、この時代のオートマチックって3速しかありません。

とことんシンプルに出来ています。

 

ちなみに、今の現行モデルのゴルフ7のスペック表がこちら。

 

全長がなんと約30cmも大きくなっています。そして横幅も20cm大きくなっているので、ずいぶんワイドなボディーに変化して来ました。

そして、エンジンですが、今は1200ccの小さなエンジンを積んでその不足分をターボで補うのが今のゴルフ流です。

 

環境への影響を考え、省エネの観点から排気量を小さくして環境にやさしいエンジンに改良されて来ました。

 

その点、昔の車は環境には悪影響かもしれませんが、その分きっと今乗ると面白いと思うんです。

小さなボディーにそれなりのエンジンを積んで、キビキビ走る感じ。

 

自動車評論家で、「間違いだらけの車選び」というベストセラーになった自動車評論を書いた徳大寺さん。

 

昔、フォルクスワーゲンゴルフの事を、「走る・曲がる・止まる」と表現して話題になったことがありました。

 

車の基本性能は、この3つがしっかりできている事が条件って言っていましたっけ。

この時代のゴルフってまさにそんな感じで、徳大寺さんも太鼓判を押してました。

 

気が早いですが・・・

 

まだ車も来ていなくて、ずいぶん気が早いのですが、こんなものを買いました。

 

 

これ、ドイツ製の「ドリンクホルダー」です。

日本車の様に、内装にドリンクホルダーなんて備え付けられていないので、運転席と助手席様にドリンクホルダーを買いました。

 

カー用品のお店に見に行ったのですが、なんかピンと来るものが無く、車を購入したスピニングガレージで調達しました。

ドイツ車には、やはりドイツ製のドリンクホルダーがしっくりくるようです。

1個、1,080円でした。

 

スピニングガレージ・オンラインショップ

 

もしかしてアマゾンにもあるかなって思ったら、やっぱりありました。

なんでもあるアマゾンですね。(アマゾンの方がちょっと高かったですね)

■アマゾン

 

それにしても、初対面が楽しみですね。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大好きな京都やスターバックス、漫画やiPhoneなどについて書いているブログ「LUCIE」のイス(井須)です。石川県小松市で美容師を経営する傍ら、自分の好きな事や興味のある事を発信して楽しく生きていけたらと日々精進中です。