[京都・桜]祇園白川、ここの桜並木もぜひ。町屋・白川・巽橋・舞妓さん、京都のすべてが楽しめるスポットです。

こんにちは、京都大好きのやなだ@いすです。

四条の大橋のすぐ近くに「祇園白川(ぎおんしらかわ)」と呼ばれる石畳が続く風情のある通りがあります。

ここの「祇園白川」の通りも桜の隠れたスポットで、見事なしだれ桜が楽しめる場所です。

2015-3021-9

 

スポンサーリンク

サスペンスドラマに欠かせない祇園白川

祇園白川は河原町方面から歩いて四条大橋を渡って信号を左に左折。曲がったらすぐ右手に白川が流れる祇園白川に出れます。

石畳が続く風情のある通りで、白川が流れいかにも京都らしい場所です。

2015-3022-3 2015-3022-2

 

この白川は岡崎の平安神宮の近くまで流れる小川で、この川沿いに歩いてお散歩すると平安神宮まで行けます。

歩くとちょっと遠いですが、脚力に自信のある方限定でどうぞ。

2015-3021

ここの祇園白川はサスペンスドラマなんかで良く登場するので、サスペンスドラマが好きな方なら知らず知らずの内に必ず見ていると思われる有名な場所です。

サスペンスドラマで欠かせない、船越英一郎さんがここの石畳を良く走っていますよ!!

 

白川のたもとには、町屋が軒を連ねその白川沿いに桜並木が広がるいい場所なんです。

2015-3021-7

ここ祇園白川では、大きなしだれ桜が楽しめます。

実は京都府の府花(府の花)は、しだれ桜なんですよ。

京都といえば、しだれ桜というほど実はしだれ桜がポピュラーなんです。

 

自分のさくらのイメージと言えば、ソメイヨシノなんですが京都ではしだれ桜なんですよね。

そのしだれ桜の大きな大木が見れるので、ここのスポットはおすすめ。

2015-3021-6

 

ここが、「巽橋(たつみばし)」。舞妓さんがよくこの辺りを歩いています。

石畳の路地が京都らしくて好きです。

2015-3021-5

 

 

こういう風景がとっても絵になるいい所です。

2015-3021-4 2015-3021-2

時間があったらぜひ、サスペンスドラマの主人公の様に祇園白川を歩いてお花見してみてください。

あ~、来て良かった!!ってほっこりしますよ。

 

アクセス

■祇園白川:京都府京都市東山区末吉町大和大路通四条上る

 

  • 阪急で:阪急京都線河原町駅下車、徒歩8分
  • 京阪で:京阪祇園四条駅下車すぐ
  • 東西線で:地下鉄東西線三条京阪駅下車、徒歩7分

■車では以前紹介した、フヤ駐車場 や 御池地下駐車場 が近くて便利です。

 

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大好きな京都やスターバックス、漫画やiPhoneなどについて書いているブログ「LUCIE」のイス(井須)です。石川県小松市で美容師を経営する傍ら、自分の好きな事や興味のある事を発信して楽しく生きていけたらと日々精進中です。