京都嵯峨野宝筐院。見事な紅葉を静かにしっとりと堪能できる名所です。

この時期になるとソワソワする、いすです。

何にそんなにソワソワするのかっていうと、京都の紅葉が見事なシーズンなんですよ。

京都の紅葉って、赤色がとてもきれいで燃えています。

そんなきれいなもみじを、今年も堪能して来ました。

 

スポンサーリンク

嵯峨野 宝筐院

今年、訪れたのは京都の嵯峨野にある「宝筐院(ほうきょういん)」

 

2016-1122

 

臨済宗の寺院で、建立は平安時代だそうなのでとっても歴史のある寺院なんですよ。

ここ宝筐院は、もみじ寺としても有名で紅葉特集なんかでも良く出ているお寺。

その割には、混雑もしないのでゆっくり紅葉を見たい人にはおすすめの紅葉の穴場です。

 

嵐山からは少し距離があるので、人でも少ないんだと思いますが、静かにしっとり見学できるのでありがたいです。

 

門をくぐると、拝観料を支払う受付があります。

大人は500円。小中学生は200円となっています。

 

2016-1122-14

 

受付を済ませて寺院の中に一歩入ると、もうそこは紅葉一色。

2016-1122-2

 

きれいに色づいたもみじが、本当にきれいです。

2016-1122-3
2016-1122-5

もみじをバックに記念撮影。

 

2016-1122-6

 

2016-1122-7

 

 

2016-1122-8

順路中ほどに本堂があり、解放されています。本堂の中から見るのもおすすめ。

 

2016-1122-9

本堂から見るもみじもきれいでした。

 

2016-1122-17

 

 

2016-1122-10

 

本堂をぐるりと囲むように小道があり、その小道沿いに紅葉が見れます。

 

2016-1122-15

本堂を囲むように小道があります。

 

苔ともみじ。

2016-1122-11

 

2016-1122-12

 

 

2016-1122-13

見どころがたくさん。混んでいないのでゆっくり鑑賞できます。

 

 

2016-1122-18

 

 

2016-1122-16

 

紅葉で有名な寺院だけあって、赤やオレンジのもみじが本当にきれいです。

もみじがトンネルの様になっていて、カメラポイントもたくさん。

 

静かにゆっくり見学できる宝筐院

この時期の嵐山周辺の人出は、ものすごいです。

2016-1122-19

この写真の場所は、嵐山の天龍寺周辺なのですがもう歩けないぐらいのひとでごった返しています。

 

ところが、ここ宝筐院まで来るとさっきの人混みが嘘のようにひっそりしています。

その分、ゆっくり落ち着いて見学できるのでマジでおすすめですよ。

少し、散歩がてらここまで歩いてくる価値大です。

 

2016-1122-21

真っ赤に燃えるもみじ

 

街の喧騒から離れて静かな宝筐院。おすすめスポットです。

 

アクセス

 

■京都嵯峨野宝筐院

  • 住所 京都府京都市右京区嵯峨釈迦堂門前南中院町9
  • 参拝時間 朝9時から午後4時。11月は午後4時30分。
  • 拝観料 大人500円 小中200円

※注意 三脚の使用は厳禁となっていますので、ご注意ください。

 

■交通

JR嵯峨嵐山駅、嵐電嵐山駅より徒歩15分ほど。

2016-1122-20

JR嵯峨嵐山駅

 

■地図

 

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大好きな京都やスターバックス、漫画やiPhoneなどについて書いているブログ「LUCIE」のイス(井須)です。石川県小松市で美容師を経営する傍ら、自分の好きな事や興味のある事を発信して楽しく生きていけたらと日々精進中です。