ジンギスカンの大黒屋。旭川へ出かけたならぜひ。

北海道旅行へ行ったならジンギスカンを食べなくちゃ!!という事で、旭川では特にジンギスカンで有名な「大黒屋」へおじゃましてきました。

年季の入った良いお店でした。

 

スポンサーリンク

ジンギスカン専門店 旭川 大黒屋

平成14年にオープンしたジンギスカン専門店の大黒屋さん。食べログなんかを見ても、評価が高く「旭川でジンギスカンならここだろ」という事で食いしん坊のスタッフ達を連れて行って来ました。

自分たちがおじゃましたのは、平成22年オープンの5丁目支店。お店に着いたのは午後6時ごろだったのですがお店の中はもうジンギスカンのいい匂いが立ちこめていました。

2014-1025

お店の雰囲気も良く、威勢のいいお兄さんに迎え入れてもらったのは掘りごたつ式のお座敷でした。

2014-1025-12

カウンターには、すでにお客さんでいっぱいでジンギスカンを頬張る姿が見えます。

いい雰囲気を出しています。

2014-1025-10

ジンギスカンが初めての自分たちなので、お店のお兄さんにメニューを見てもらいながらお肉のレクチャーから。

2014-1025-2

おすすめは、

  • 生ラムジンギスカン:700円 生後1年未満の生肉ロース
  • ハーブラム:800円 生ラムをハーブと塩で漬け込んで味付けしたもの
  • 厚切りラック:900円 骨付きのあばら肉

 

1人前で、だいたい6枚~7枚ぐらいのお肉だそうで普通で1人前ぐらいは食べれるというので、生ラムジンギスカンを4人前とハーブラムを1人前を注文。

その他に、大根サラダとご飯を注文しました。

 

はじめてのジンギスカン

ジンギスカンを焼く鉄板は、こんな丸いかっこうをした鉄板。初めて見る格好で興味深々。

2014-1025-4

みんなでおそろいのエプロンを付けて、準備万端です。

2014-1025-3

これが、初めて見る「生ラムジンギスカン」。

とってもきれいな色をしています。

2014-1025-5

そしてこれが、「ハーブラム」。ハーブラムはたれを付けないで、焼いたらこのまま食べるのがおいしいそうです。

2014-1025-6

ジャンボな「大根サラダ」。すごいボリュームです。

2014-1025-7

では、初ジンギスカンを焼きましょう。

焼き方も知らないので、またまたお兄さんにレクチャーを受けます。

鉄板の丸くなった中央に、脂身を置いて鉄板に脂をなじませるようにします。

あとは、お肉を置いて周りに野菜を配置。少し、生焼けぐらいで食べるのがおいしいとの事。

2014-1025-9a

焼けた順番にみんなで食べていきます。

「う・うまい」

「やわらかぁ~」

「臭いって聞いてたけど、全然臭くないやん」

2014-1025-11

などなど、言いながら食べる・食べる。

ハーブラムもハーブの香りが口に広がってとてもおいしい。

牛肉とは違う味で、初ジンギスカンはとてもおいしかったです。

2014-1025-14

お値段も手ごろで、コストパフォーマンスに優れていましたよ。

良いですね、大黒屋さん。

2014-1025-8

タレントさんや歌手の方もたくさんいらっしゃるようで、ゴールデンボンバーのサインを見つけました。

2014-1025-13

 

ジンギスカンは、独特の匂いがあってちょっと・・・

と聞いていたのですが、生ラムをいただいたせいか本当に嫌な匂いも無く普通に食べれました。

うん、おいしかったですよ。

旭川に行ったなら、ぜひ大黒屋さんでジンギスカンを。

 

アクセス

■成吉思汗 大黒屋 本店:北海道旭川市4条通7丁目

Tel:0166-25-2424

17:00~24:00(L.O.23:30)

日曜営業・不定休

■成吉思汗 大黒屋 五丁目支店:北海道旭川市4条通5丁目

Tel:0166-24-2424

17:00~23:30

不定休

 

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大好きな京都やスターバックス、漫画やiPhoneなどについて書いているブログ「LUCIE」のイス(井須)です。石川県小松市で美容師を経営する傍ら、自分の好きな事や興味のある事を発信して楽しく生きていけたらと日々精進中です。