小松市那谷寺(なたでら)の紅葉は今が見ごろ。芭蕉も訪れた静かな寺院。

石川県小松市の山間、那谷町にある「那谷寺(なたでら)」。

細い道を入っていくと突如現れる、苔むす静かな寺院です。

那谷寺は、庭がきれいな事でも有名なお寺でそのきれいな庭が今の時期には紅葉で赤く燃えています。

今がちょうど紅葉の見ごろを迎えています。

そんな境内を、散策して来ました。

 

スポンサーリンク

1300年の歴史

 

那谷寺の創建は養老元年(717年)までさかのぼるようで、今年がちょうど創建1300年に当たるそうでとっても歴史のあるお寺です。

1689年には、俳人の松尾芭蕉が46歳の時に那谷寺を訪ねていて奥の細道で有名なあの一句。

石山の石より白し秋の風

を読んだ事でも有名になりました。

芭蕉句碑

 

そんな那谷寺ですが、紅葉のお寺としても有名で境内のあちこちできれいな紅葉がちょうど今、見ごろを迎えています。

 

紅葉スポット 奇岩遊仙境

 

それでは、那谷寺の境内に入っていきましょう!!

駐車場(無料)に車を駐車したら、チケットブースにまず向かいます。

拝観料は、大人の方で600円となっています。

 

▲こちらは山門。ここから境内へと入っていきます。

 

境内は、かなりの広さがありゆっくり見て歩くと約1時間ほどの所要時間です。

 

山門を通って境内に入ると、まっすぐ参道が通っています。

参道の両側には、苔むす苔園が広がりグリーンのじゅうたんがきれいです。

 

苔むす参道を抜けると視界が広がって、紅葉真っ盛りの庭園へと繋がっています。

このあたりが那谷寺の紅葉が一番きれいな所。

 

 

▲ここの岩肌のところは、「奇岩遊仙境」と言って自然に出来た奇岩の景勝地です。

昔むかしの海底噴火の跡だそうで、長い年月をかけてこのような奇岩の谷になったと言われています。

荒々しい岩肌に、赤いもみじが対比してきれいですね。

 

本殿(大悲閣)

 

▲「奇岩遊仙境」を眺めて先に進めば、那谷寺の本殿があります。

本殿は、急な石段を上った先にあります。

階段がかなり急なので、お気をつけください。

▲こちらが本殿。本殿の中を通って順路通りに進むと展望台へと出れます。

本殿からの紅葉。

 

展望台

 

展望台へ行く道順に三重塔がででんとありまして、かなりのボリュームがあります。

昔の人は、機械も使わず良くこんな建築を出来たものだと感心します。

 

こちらは「楓月橋」。三重塔から展望台へとつながる渡り廊下です。

ここからの眺めもまたきれいです。

 

 

展望台から眼下に見渡す境内の紅葉。

春から夏の時期は新緑の緑もきれいになりますよ。

今が盛りに真っ赤に紅葉しているもみじ。

 

落ち葉もきれいだから不思議です。

 

あとがき

 

石川県と言えば、「金沢」となるのですが小松市の「那谷寺」も静かできれいな所です。

金沢からは車で約1時間とけっして近い距離ではないですが、いつもと違う石川観光のルートにぜひ那谷寺へお越しください。

近くに「粟津温泉」もあるので、ゆっくり温泉に浸かってくださいまし笑

 

那谷寺 from Kouzou Isu on Vimeo.

 

【小松市観光関連記事】

安宅住吉神社、難関突破のパワースポットやで!

12代目市川團十郎さんのはまり役、歌舞伎「勧進帳」の舞台の石川県小松市「安宅の関」ってこんなところ。

 

アクセス

 

那谷寺

  • 住所 石川県小松市那谷町ユ122
  • 電話  0761-65-2111

ウェブサイトhttp://www.natadera.com/

■拝観時間

  • 3/1~11/30 8:30~16:45
  • 12/1~2/28 8:45~16:30

※年中無休

無料の大型駐車場完備です。

 

■地図

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大好きな京都やスターバックス、漫画やiPhoneなどについて書いているブログ「LUCIE」のイス(井須)です。石川県小松市で美容師を経営する傍ら、自分の好きな事や興味のある事を発信して楽しく生きていけたらと日々精進中です。