金沢の玄関口「JR金沢駅」。構内のりんと&あんとが思いっきり暇をつぶせるのでご紹介。

2014-909-3

北陸新幹線の開通で、盛り上がりを見せている金沢駅ですが駅構内の商業スペース「りんと(Rinto)」と「あんと」がなにげに面白いです。

列車の時間待ちやお土産を見て回るのに楽しい空間になっていますので、ちょっと紹介。

 

スポンサーリンク

駅ナカショッピング りんと&あんと

北陸新幹線の開業に合わせて、駅ナカのショッピングゾーンもかなり整備されてきました。

従来は「金沢百番街」という名称でファッションや雑貨の商業スペースやお土産物コーナーがあったのですが、北陸新幹線の開業をにらみ従来の百番街がファッションゾーンが「Rinto(りんと)」として、そしてお土産やグルメゾーンを「あんと」としてリニューアルオープンさせたのが去年のこと。

 

従来の百番街の時より、明るくそしてお店も充実したとの評判も上々で金沢の玄関口として楽しいスペースになってくれました。

金沢駅の構内は、下の図のように改札口をはさんで「りんと」と「あんと」にスペースが分かれた感じになっています。

 

JRkanazawa

下の写真は金沢駅の表玄関口にある鼓門。ここから「おもてなしドーム」を通って駅に入ると、右手がファッションや雑貨フロアーの「Rinto(りんと)」。

2014-909-4

そして、左側の改札口側が、お土産やグルメゾーンの「あんと」に分かれています。

「あんと 」というのは石川県の方言で「あんやと」からとったもので、意味は「ありがとう」という意味です。

今でも、自分達は普通に「あんやと・あんやと」と言って使ったりするんですよ。

 

さて、Rintoですが

2015-217

本屋さんやヤングファッション・靴やバッグ、雑貨などのお店がたくさん。

2015-217-7

コーヒーブランドでは、タリーズが出店していてこの日もたくさんのお客さんがコーヒーを片手にタリーズの前で休憩していました。

2015-217-2

そして、あんとでは

2015-217-6

金沢の老舗飴屋さんの俵屋さんや、麩のお店など80店ほどが所狭しとお客さんをお迎えしています。

2015-217-4

金沢では麩が良く食べられています。自分も好きで、味噌汁やすき焼き、卵とじなどにも麩を入れて食べてます。

2015-217-5 2015-217-8

金沢らしい、お菓子や雑貨、そして地酒などいっぱいお店があって見て回るだけでも楽しいです。

 

そしてグルメゾーンでは、金沢カレーとしても最近有名になってきた「ゴーゴーカレー」や

2015-217-10

金沢と言えば、新鮮なネタが自慢の回転ずしのお店。

2015-217-9

その他にも、中華や和食、そして洋食とおいしいお店が並んでいます。

 

列車の時間待ちや、友達との待ち合わせなど意外に使えるりんととあんとです。

 

追伸

新幹線開業日の3月14日に合わせて、りんとがリューアルします。

あたらしく、下のショップが登場します。

石川初出店のお店もあるので、どんなお店になっているかこちらも楽しみです。

2015-217-11

 

※おまけ

まだ、新幹線口は最後の工事中でまだ目隠しされた状態なのですが、かろうじて隙間から「新幹線」という3文字が見えます。

2015-217-3

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大好きな京都やスターバックス、漫画やiPhoneなどについて書いているブログ「LUCIE」のイス(井須)です。石川県小松市で美容師を経営する傍ら、自分の好きな事や興味のある事を発信して楽しく生きていけたらと日々精進中です。