スターバックスに、スターバックスリザーブの新商品が3点発売されました。

こんにちは、スタバ大好きのいすです。

スターバックスコーヒーで発売されている特別なコーヒー「スターバックスリザーブ」。

その「スターバックスリザーブ」に新しく3つの新商品が発売されました。

早く飲んでみたいですね。

 

スポンサーリンク

希少性の高い珍しいコーヒー

 

スターバックスリザーブは、コーヒーの中でも珍しい希少性の高いコーヒーをスターバックスのバイヤーが世界中から仕入れて来ているコーヒー。

スターバックスの店舗の中でも、少数の店舗のみで提供されお客様からの注文を受けてから豆を挽き、ひきたてを一杯づつ提供する特別にこだわったコーヒーです。

そんな珍しいコーヒーの新作は、今回は3つも同時発売です。

 

ケニアカングヌ

 

まず1点目のスターバックスリザーブは、「ケニアカングヌ」。

標高およそ5,198m。ケニア山、南東の斜面で栽培されたコーヒー。

一般的に、標高の高い所で栽培されるコーヒーは昼と夜の寒暖差も激しく光もたくさん降り注ぐためいいコーヒーが出来ると言われています。

 

低位置で栽培されたコーヒーより、栽培が難しくより高価で売買されるようです。

この「ケニアカングヌ」もそんな高価なコーヒーの一つで、酸味とコクのバランスが良いそうです。

 

レモンやブラックカラント(黒カシス)をイメージさせる風味が特徴。

 

「ケニアカングヌ」 250g 2,600円

  • 酸味 MEDIUM
  • コク MEDIUM

 

ルワンダムササ

 

アフリカ ルワンダ地方で栽培されるコーヒー「ルワンダムササ」。

アフリカ産コーヒーと言えば、ケニアやエチオピア、タンザニアなどが有名ですよね。

しかし、最近はルワンダ産のコーヒーもおいしさがアップしたと言われているようです。

 

ルワンダは、コーヒーの栽培に適した高地がたくさんあり気温や湿度も適温だそうで、さっぱりとしたフルーティーな味が特徴の様です。

ルワンダムササの名称は、コーヒーを加工する工場がある地域の名前からとったもので、地域挙げて生産に励んでいるそうですよ。

 

今回、自分はスタバのオンラインストアから「ルワンダムササ」を注文しました。

たぶん、ルワンダ産のコーヒーって初めての様な・・・

 

「ルワンダムササ」 250g 2,400円

  • 酸味 MEDIUM
  • コク MEDIUM

 

エクアドル ピチンチャ

 

エクアドル ピチンチャとは県名の名前で、わずか10か所の農家しかないそうです。

そのわずか10か所の農家がこだわって栽培した「エクアドル ピチンチャ」はビックリする様な味わいのコーヒーだそうです。

エクアドルの中でもピチンチャ県は、コーヒー栽培に適した地域で気温、湿度、そして土壌がとびぬけて素晴らしいようです。

その為、出来るコーヒーも飛び切りのコーヒーが出来るらしく、おいしいスターバックスリザーブになったようです。

 

柔らかなフローラルの香り。青リンゴを思わせる爽やかな酸味が特徴。

これも気になりますね!

 

「エクアドル ピチンチャ」 250g 3,400円

  • 酸味 MEDIUM
  • コク LIGHT

 

自分が住む石川県には、スターバックスリザーブの飲める店舗が無いので残念。

オンラインで注文したリザーブが早く届きますように!!

 

スターバックスオンラインストア

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大好きな京都やスターバックス、漫画やiPhoneなどについて書いているブログ「LUCIE」のイス(井須)です。石川県小松市で美容師を経営する傍ら、自分の好きな事や興味のある事を発信して楽しく生きていけたらと日々精進中です。