Xmasが近づくとなんだかソワソワして来ます。自分だけ?

今日は、11月28日なんですが1年の内の最大イベントのクリスマスまでひと月を切りました。

クリスマス時期になると、街じゅうがツリーを飾ったりクリスマスソングが流れとても賑やかになります。

そんな賑やかなこの時期がとても好きなやなだであります。

スポンサーリンク

昔もクリスマスはありました

自分が子供の頃も、もちろんクリスマスがありました。当然ですけど、クリスマスケーキもあったしジングルベルも流れていました。

でも、クリスマスプレゼントは無かったですね。クリスマスと言えばケーキを食べる日という感じでした。

 

昔はケーキなんて、クリスマスの時しか食べれなくて誰かが手土産に持ってきてくれる以外なかったんですね。

だから、クリスマスになると大きなケーキが食べれるのが嬉しくて12月になるとソワソワしていました。

その当時は、今みたいに生クリームのケーキはなくてですねバタークリームのケーキが主流でした。

バタークリームは生クリームみたいに白く無くちょっと黄色い色で、フワフワしたクリームじゃなく割と硬めの感じです。

バターを使ってクリームが出来ているので、1個食べると結構食べたって感じです。ぶっちゃけ、ひつこいクリームなんですね。

 

でも、それが当時の贅沢でこのクリスマスの時は思いっきり食べれるのでとても嬉しかったです。

ケーキ屋さんなんて当時は無く、和菓子屋さんがケーキも作っていた時代。近所の和菓子屋さんで今のように予約して取りに行くスタイル。

クリスマスの12月24日のお昼過ぎには我が家にケーキがやって来ます。

ちゃぶ台の上に大きなホールのケーキが入った箱がデーンと置いてあります。

 

その日は学校が終業式の日なので、友達の家で遊んで寄り道しながら帰ってくるとそいつが待っているわけです。

近くに誰もいない事を確認しつつケーキの箱をそっと開け、そいつとご対面。

上に乗っかったサンタと目が合いつつ箱の周りに付いたクリームを指でなめるのが、1年中で一番の楽しみでした。

アホな子供でした。

 

夜のご飯が終わるとオカンがケーキを切り分けてくれて、やっと本体が食べれます。

今のケーキの様に、イチゴがたくさん乗っているわけでも無く凝った作りのケーキでも無かったですがすごくうまくてね〜。

そんな、12月24日のクリスマスを過ごして来ました。

 

あれからうん十年、今年のクリスマスケーキはどうすると家族会議の毎日です。

あの頃から、全然進歩していない自分がそこにいます^_^

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大好きな京都やスターバックス、漫画やiPhoneなどについて書いているブログ「LUCIE」のイス(井須)です。石川県小松市で美容師を経営する傍ら、自分の好きな事や興味のある事を発信して楽しく生きていけたらと日々精進中です。