事務機のリコーがなんでカメラ?ってすごく不思議でした。

写真が割と好きで、プロのカメラマンのホームページなんかを「うまいなぁー」って感心しながら見るのが好きです。

もちろん、写真を撮るのも好きで風景や料理や雑貨などなんでも被写体にして喜んでいます。

以前は、カメラや写真にはそれほど関心が無かったです。自分がお店(美容室)のホームページを作るようになって必要に迫られてお店の写真やスタッフの写真、そして商品や美容機材の写真を撮るようになってまともにカメラをいじるようになったのがきっかけです。

いちばん最初に買ったデジタルカメラは、ソニーのサイバーショット。初期のホームページでは、サイバーショットが大活躍していました。しかし、この時はそんなにカメラや写真が好きってレベルではなくただ撮っていたっていう感じでした。

 

サイバーショットを2年ぐらい使った時に、実は落として壊れたんですね。写真はちゃんと撮れたんですがなんかしっくりこなくなって次のカメラを探し始めました。

いろんなホームページやカメラ屋さんのサイトなんかを見ていると、「リコーのカメラがいい」と書いてあるんですね。リコーのGRっていうデジカメがプロの方からの支持がすごく高かったんです。

リコーって会社は事務機というイメージがあって、何で事務機メーカーからカメラ?しかも評価がなんでそんなに高いの?って気になり出して買ったのが「リコーR10」っていうコンパクトデジタルカメラです。

本当はリコーGRというプロの評価が高かったカメラが欲しかったのですが値段が高くて断念。

比較的お手頃価格のR10を買いました。

2014-812-8

ところが、価格はお手頃価格だったのですが信じられないぐらいきれいに写真が撮れるんです。自分の腕が良くなったと錯覚するぐらい、以前のカメラからは想像もできないほどきれいな写真が撮れるようになったんです。

このR10との出会いからカメラや写真が好きになった様に思います。

最初は事務機屋さんのカメラっていう好奇心から興味を持ったのですが、その表現力に一発で惚れ込んでしまいました。

このころから、カメラ雑誌を購読するようになって写真を撮る時の構図や被写体の周りなどに気を配るようになって更に写真が面白くなってきました。

 

そうなると、もう少し高画質なカメラが欲しくなって次に買ったのが「リコーGXR」。

2014-812

このGXRというカメラは非常にユニークでへんてこなカメラです。一応、ミラーレス一眼レンズカメラの仲間になる様なのですが一眼カメラとは似て非なるカメラです。

こんな感じで、カメラ本体(ボディー)とレンズ部分がバラバラになるカメラです。

2014-812-3

普通の一眼レンズカメラは、レンズだけを交換するのですがこのGXRではレンズユニットと言われる台座ごとレンズ部分を交換する変わったカメラです。

2014-812-4 2014-812-5

こんな風にレンズの台座ごと「ガチャッ」とまるで合金ロボットのおもちゃのごとく合体したり分離したりするカメラです。

こんなへんてこなカメラなんですが、写真がメチャクチャきれいに撮れるのですごく楽しいカメラです。ミラーレスカメラとはちょっと趣が違うリコーこだわりのミラーレス。

 

この交換レンズはマクロレンズで、このマクロレンズがあったからGXRを買った様な物。それぐらいきれいに撮れるマクロレンズです。

2014-812-4

マクロレンズって、「接写撮り」に強いレンズで被写体に近づいてアップで撮るのが得意なレンズ。

2014-812-9 2014-812-10 2014-812-11

すべて、さっきのマクロレンズで撮ってみた写真です。

こんな風にいろんな被写体であちこち写真を撮って楽しんでいます。ただ、残念なのがリコーGXRが製造と販売を取りやめたそうなんですね。後継機種が出るのかも不明らしいのでGXRファンとしては寂しいです。

 

そんなこんなで、自分で撮ったへぼっぴな写真も更新していこうと思いますのでまた見てやってください<(_ _)>

では!!

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大好きな京都やスターバックス、漫画やiPhoneなどについて書いているブログ「LUCIE」のイス(井須)です。石川県小松市で美容師を経営する傍ら、自分の好きな事や興味のある事を発信して楽しく生きていけたらと日々精進中です。