フォルクスワーゲン・ゴルフカブリオレ。ルームミラーがぽろりと落ちました。

 

自分の愛車、93年製のフォルクワーゲンゴルフ・カブリオレ。

先日朝の通勤途中での運転中の出来事。

ちょっとした道路の凹凸を乗り越えた後に、「ポロリ」とルームミラーが落下してしまいました。

最初、何が起きたのか分からなかったのですが信号待ちの時に良く見たら、車の床にそれまであったルームミラーが落ちていました。

ビックリするやら笑うやら・・・

長年車の運転をしてきましたが、初めての経験をしてしまいました。

 

スポンサーリンク

どうやら今年の暑さが原因のよう

 

落ちたルームミラー

落ちたルームミラー

 

勤務先の駐車場について良く見てみたら、フロントウィンドウから土台ごと落ちたルームミラー。

フロントガラスには、はげた接着材が無残な形で残っていました。

 

ルームミラーが取れてしまう事なんて初めての経験だったので、パソコンでググってみるとどうやらこの夏の暑さと関係がある様です。

今年の夏の異常な暑さのせいで、接着材が緩んでミラーの重さを支えられなくて落ちたようです。

 

どうも以前のオーナーの時にもルームミラーが落ちたようで、接着剤がべっとり付いた感じで取り付けてありました。

自分で取り付けたようで、接着剤が土台からはみ出していてフロントガラスが結構汚れていました。

 

ネットで検索してみたら、ホームセンターやカーショップで専用の接着剤が売られている様なのですが、ここは専門家に任せてきれいにしてもらおうといつもお世話になっているガレージへ持ち込みました。

 

元通りきれいになって満足

 

 

自分が住む石川県でも今年の夏は異常なぐらい暑い毎日でした。

雨の多い石川県なのですが、7月の降水日はゼロ。

ほぼ毎日がカンカン照りの真夏日で、連日暑い日が続きました。

車の中の暑さってハンパなくて、軽く40度以上の室内温度になっているのでルームミラーの接着剤もこの暑さで参ったようです。

 

持ち込んだガレージでは、以前付いていた古い接着剤をきれいに落としてミラー専用の接着剤で土台をガラス面に接着。

テープで固定してしっかり接着できるまで放置します。

しっかり土台が接着出来たところで、ミラー本体を取り付けて終了。

 

 

以前のルームミラーの取り付け面は、素人仕事の様で接着剤がはみ出していて汚かったんですが、今回は専門の業者さんにしてもらったのできれいに仕上がりました。

やはり、プロの仕事はきれいですね。

 

ルームミラーが無い状態で2日ほど運転したのですが、後方の確認が出来ずやはり危険でした。

これで、当分の間は落ちる事も無いでしょう。

 

古い車は何が起きるかわかりませんね。

大事に至らなくて、ホント良かったです。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大好きな京都やスターバックス、漫画やiPhoneなどについて書いているブログ「LUCIE」のイス(井須)です。石川県小松市で美容師を経営する傍ら、自分の好きな事や興味のある事を発信して楽しく生きていけたらと日々精進中です。