wifiって何?wifiのメリットを知ってかしこく使おう。

2014-104-3

昨日は、Wi-Fi(ワイファイ)ってどんな物なのかを簡単に書いてきました。

忘れた方はもう一回。昨日のエントリーは こちら

で、今日のお話はWi-Fi(ワイファイ)のメリットについてです。

 

スポンサーリンク

wifiになると何がいいのか?

我々インターネットをする使用者にとって何がWi-Fi(ワイファイ)にすると便利なのか?というところをまとめてみました。

 

1、無線でインターネットがつながるので、配線の必要がなく便利

まだ、無線でインターネットが出来なかった時は結構大変でした。有線(配線コード)でパソコンとインターネットの機器(ルーター)をつないでいたので、配線が邪魔でしょうがなかったです。もちろん、そのインターネットの機器(ルーター)がある所でしかインターネットに接続できなかったです。

2階で使おうと思うと、その配線をダラダラと2階まで引っ張らないとインターネットに接続できなかったんです。ところがWi-Fi(ワイファイ)で無線で接続できるようになったので家中どこでも配線ナシでインターネットが楽しめる様になりました。今では当たり前ですけど。

 

2、同時接続が可能になった

有線でつないでいた時は、同時使用が出来ませんでした。いや、出来たのですが専用の線を追加で買って来てつなげればいいのですがこれが面倒。それこそ線だらけです。

ところがWi-Fi(ワイファイ)ならどうでしょう?無線でつながるWi-Fi(ワイファイ)なら機器にもよりますが同時に5台・6台は普通にインターネットに接続できます。

しかも、パソコンでもスマートフォンでもタブレットでも同時に使えますから便利です。今では一人一台のスマホ時代ですから一家に一台、Wi-Fi(ワイファイ)時代です。

 

3、世界共通なので、日本でも世界でもスマートフォンが使える

Wi-Fi(ワイファイ)の規格は世界基準なので、スマートフォンやパソコンがあれば日本中、世界中インターネットが楽しめます。メールやラインなどのサービスがどこでも利用できます。

外国のお客様に聞くと、外国では無料のWi-Fiが当たり前だそうです。ホテルでも駅でもレストランでもインターネットにつなぐことが出来るそうです。無料で。

日本では、まだまだその分野では遅れているようですね。

しかしようやく、Wi-Fi(ワイファイ)で集客しようという動きが近頃多くなってきました。そのおかげでレストランやファミレス、空港や電車の駅、そしてコンビニやラーメン屋、そしてスターバックスなどの店舗でWi-Fi(ワイファイ)が使える様になりました。

2014-909-14

しかも、そういう店舗では無料が当たり前になっているので気軽にインターネットが使えます。特にタブレットやパソコンなど、ネット環境がない外で使えない機器でもWi-Fi(ワイファイ)があれば使えるのでビジネスマンなどは良く駅などでもパソコンを開いて仕事をしています。

 

4、Wi-Fi(ワイファイ)は無料でインターネットが使える

こう書くと語弊があるのですが、あえて無料と書きました。我が家を例にとると、自宅に光のインターネットを通した時に同時にWi-Fi(ワイファイ)が使える様に機器を揃えました。それには当然数万円のお金が要りました。

そして、それから月々NTTにインターネットの使用料を払っているのですがその金額がキャンペーンなどの割引で月々4,500円ほど。つまり、光回線でインターネットを自宅でするのに4,500円ほどかかっているわけです。

ところが、この光でのインターネットの回線をルーターという機器を使用してWi-Fi(ワイファイ)で無線の電波にしても追加料金はいりません。我が家は4人家族なので、Wi-Fi(ワイファイ)で4人同時にインターネットをしても無料で使えるというわけです。

動画を見ても、ラインをしても無料でつなぎ放題です。お父さんが、4,500円ほど負担さえすれば家族は無料でWi-Fi(ワイファイ)が使えてハッピーというわけです。

 

5、スマートフォンのパケット代が節約できる

LTEや4Gの高速インターネット時代になって、携帯各社の通信費が少し割高になりました。3G時代から比べると約1,000円ぐらいは高くなった様に思います。なので、自宅や職場などでWi-Fi(ワイファイ)を利用して接続出来れば通信費が節約できます。

家でWi-Fi(ワイファイ)でつなげば通信費がかからないというのはさっき書いた通りです。なので、自宅にいる時はWi-Fi(ワイファイ)でつなげばその分月々の携帯料金を節約する事も可能です。

インターネットの通信量を少ないプランで契約すれば、その分契約料は安く出来ます。その足りない分は、Wi-Fi(ワイファイ)で補えばOK。

タブレットや中学生に大人気のiPodtouchなどは、Wi-Fi(ワイファイ)じゃないと逆に使えない仕組み。これらなんかは、無料でインターネットが出来るんですよ。

 

こんな風にWi-Fi(ワイファイ)を賢く便利に使えば、とっても世界が広がります。

我が家では、自宅でもお店でもWi-Fi(ワイファイ)でインターネットの電波を飛ばしているのでお店でも自宅でもスマートフォンやパソコンは無線で通信費をかけずに使っています。

その分、通信費をずいぶんと節約出来ています。

 

今度、機会があったら外で使えるFree Wi-Fi(ワイファイ)の事についても書いてみたいと思います。

 

いかがでしたか?2回のWi-Fi(ワイファイ)の説明でなんとなくWi-Fi(ワイファイ)の事がわかったでしょうか?

つくづく、便利な時代になったもんですよね。スターバックスに行ったら、ぜひWi-Fi(ワイファイ)に挑戦してみて下さい。

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大好きな京都やスターバックス、漫画やiPhoneなどについて書いているブログ「LUCIE」のイス(井須)です。石川県小松市で美容師を経営する傍ら、自分の好きな事や興味のある事を発信して楽しく生きていけたらと日々精進中です。