あなたの子供の頃の夢はなんでしたか?自分はコックさんになりたいと思っていたんですよ。

今週末に私立高校の入試があります。3月になると今度は公立高校の入試です。

今のこの時期は、自分の人生をある程度決めるそんな時期でもあります。

昨日、お店のお客様とそんな話をしていてふと自分の時の事を思い出してしまいました。

 

実は、自分の子供の頃の夢はコックになるのが夢でした。

洋食のコックさんが希望で、あの時は結構真剣に考えていました。

あの時って言うのは、小学生の4年生ぐらいの時の事です。

 

また古い話を出して来て申し訳無いのですが、昔テレビ番組で「天皇の料理番」というドラマがありました。

堺正章さんが主演で、料理人になっていく姿をドラマにしたものなのですがそれを見てから「自分もコックになりたい」と思ったんですね。

 

堺さん演ずるそのコックは、昔子供の頃に食べたトンカツに衝撃を受けて料理人になりたいと思ったというところからドラマが始まります。

そのテレビドラマが、当時の自分にはすごくインパクトがあって「自分もコックになるんだ」と思ったわけです。

 

実際、その頃から自分でも包丁を握り台所で料理を見よう見まねで始めたんですよ。

自分ちは自営業だったので母も父と一緒に仕事をしていました。

 

なので、ご飯用意とかはおばぁちゃんがよくしていたので横について料理の手伝いなんかをして覚えました。

父も、時々料理をしていたので抵抗がなかったんですね。

そん時は、自分は将来コックになるもんだと本当に思っていました。

 

ところが、中学生になると昨日書いた様にドイツの名車「ポルシェ」が好きになり車の仕事がしたくなったんですよねー。

 

で、実際その夢をかなえて自動車ディーラーに就職したのですが今はどういうわけかパーマ屋さんです。

でも、その時その時はいつも真剣に思っていたので今があるんだろうと思ったり・・・

 

料理の方は、その頃の基礎があるおかげか今でも好きでよくキッチンに立っています。

昨日も、妻が帰りが遅くなったので晩ご飯と弁当を作ってました。

 

なんでもやっといた方が、後で役に立つことってありますね。

 

[おわり]

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大好きな京都やスターバックス、漫画やiPhoneなどについて書いているブログ「LUCIE」のイス(井須)です。石川県小松市で美容師を経営する傍ら、自分の好きな事や興味のある事を発信して楽しく生きていけたらと日々精進中です。