iPhone 6 & iPhone 6 Plusのサイズ感を確かめてみたら意外に・・・。

新しくなった、iPhone6&iPhone6Plus。

iPhone6の方が4,7インチで、iPhone6Plusにいたっては5,5インチとサイズアップして大きくなったと盛んに言われています。

先日書いたエントリー

iPhone 6 & iPhone 6 Plusのスペック&価格見比べ♪

でもそのサイズを書いているのですが

  • iPhone6 高さ:138,1mm 幅:67,0mm 厚さ:6,9mm
  • iPhone6Plus 高さ:158,1mm 幅:77,8mm 厚さ:7,1mm

 

こう数字で表されていても実際のサイズ感ってピンとイメージがわかないので画用紙にサイズを切り出してみて手に持ってみました。

自分は、この新しいサイズ感というものがつかめなくって実際に見て触ってどちらにしようか決めようと思っていたのですがちょっと試しに見比べをしてみました。

 

2014-913-3a

iPhone5からiPhone6、iPhone6Plusと比べてみたのがこの写真。こうして並べて比べるとその大きさの違いが分かりますね。

確かに幅も高さ(長さ)も大きくなっていて、「こりゃ~でっけ~なぁ~」と当初は思いました。

 

で、実際にそれぞれ持ってみました。

iPhone5を持った写真

2014-913-4a

いつもお世話になっているので、しっくりなじんでいます。あたりまえですが。。

 

iPhone6と妄想して持った図

2014-913a

あれ、あんまり大きくなった感じがしない。見比べた時には大きく感じたサイズが実際持ってみるとあんまり変わらない事に少々驚き。

全然、違和感ゼロです。

 

iPhone6Plusと妄想して持った図

2014-913-2a

高さ:158,1mm、幅:77,8mmと文字で見ると大きくなったと思ったのですが、こうして手にするとこれまた不思議なもので意外にこれもいいかも・・・と思ったりして。

もっと、どーんと大きい気がしていたのですが自分的にはこれもありな気がしてきました。うん。

 

最後に全部を見比べ

2014-913-5a

こうして手にしたところを見比べてみても、iPhone5と6ではほとんど大きさの違いが分からない感じがするのは気のせいでしょうか。

自分は男としては、そんなに手は大きくないと思っているのですがそんな自分でもiPhone6の大きさなら全然OK。

iPhone6Plusでも全然ありな気がだんだんしてきました。

 

自分的なまとめ

 

実際、自分の使い方はフリック入力をしなくてローマ字入力を使っているので片手操作にそんなにこだわらないんですね。

いつも今の現行iPhoneでも両手操作だし、iPodtouchも両手で使っているので同じ両手使いなら大きなサイズのiPhone6Plusでもいいような。。

画面が大きいという事は、ネットサーフィンしても快適だろうしピコピコ文字打つのにも打ち間違いが少なくなるだろうし、文字もみやすいだろうし。。

 

しかも、iPhone6Plusはカメラ機能にiPhone6にはない手ぶれ防止機能が付いていたりするので写真も良く撮る自分には良いかもしれないし。

当初はiPhone6Plusはでかいと思っていたし、iPhone6しかないやろ的な考えだったんですが今回の「持ってみた妄想」でiPhone6Plusでも全然いいやんかと思った次第です。

実際は、これに厚みと重さが加わるので今回の妄想以上に大きさは感じるのかもしれませんがiPhone6Plusもなかなかいいと結論にいたりました。

 

あとは、価格がちょっと高い所をどうやってウチの奥様にプレゼンするかというところに重点が移ったような。

ははは(^-^;

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大好きな京都やスターバックス、漫画やiPhoneなどについて書いているブログ「LUCIE」のイス(井須)です。石川県小松市で美容師を経営する傍ら、自分の好きな事や興味のある事を発信して楽しく生きていけたらと日々精進中です。