博多一風堂金沢香林坊店。金沢で博多ラーメンが食べれるんだぞ!

1985年、福岡県福岡市大名で創業された「博多一風堂」。

博多ラーメンの代名詞である「とんこつラーメン」をベースに、一風堂独自の味に進化させた「シルクの様に滑らかなトンコツスープ」が自慢のお店。

今では博多どころか海外でも、そのとんこつスープが人気のお店「一風堂」です。

その博多一風堂のとんこつラーメンが、地元の金沢でも食べれるんですよ。

 

スポンサーリンク

まずはメニューをつらつらと

 

金沢市の繁華街「香林坊(こうりんぼう)」。

「大和デパート」や「東急スクエア」など大型の商業施設が立ち並ぶ、金沢でも一番にぎやかな街「香林坊」。

その香林坊からちょっと路地を入ったところに「金沢一風堂」のお店はあります。

 

まずはメニューをご紹介。

博多ラーメンといえば、みんな知っている「とんこつラーメン」ですよね。

とんこつの白いスープに、細目の麺が博多ラーメンの特徴です。

 

ここ「金沢一風堂」でも、やはりそれは同じで白いとんこつスープに細い麺のラーメンです。

この「白丸元味」はその原点である「博多のとんこつ」を前面に出した、おなじみの博多ラーメンです。

 

 

そして、こちらは一風堂独自の辛みそをトッピングした「赤丸新味」。

ベースのとんこつスープはそのままで、香油と一風堂オリジナルの「辛みそ」を加えることで、新しいとんこつラーメンを楽しめる一杯。

どちらもホントおすすめで、どちらを選んでも満足感があるラーメンですよ。

 

そのほかにも、少し小ぶりの博多ギョーザもありますよ。

 

とんこつと細目麺が相性バッチリ

 

金沢一風堂では、各テーブルに「もやしのナムル」や「紅ショウガ」などのトッピング食材が食べ放題とうれしいサービスがあります。

もやしは、ピリリと辛くて癖になるおいしさ!

ご飯のおともに最高ですよ。

 

こちらは、一口ギョーザ。小ぶりの一口サイズのギョーザです。

どれだけでも食べれそう笑

 

もやしとギョーザをパクパク食べていると、やってきました赤丸新味のラーメン。

 

 

大きなチャーシューとオリジナルの香油と辛みそがトッピングされています。

煮卵も付けてもらって、おいしそうですよね。

 

麺の固さもお好みでオーダーできて、「バリカタ→カタメ→ふつう」からお好みでどうぞ。

自分は、固めよりもう少し固めの「バリカタ」でオーダーしました。

 

一緒に行った妻は、おなじみとんこつスープの「白丸元味」。

 

細目の麺がとんこつスープに良く絡んで、おいしいこと。

辛みそを混ぜながら食べる「赤丸新味」は、ピリッと辛くてこれはうまい!

どんどんいけます。

 

去年の秋に博多に慰安旅行で行って来た時に、博多ラーメンを食べて来ました。

その時の記憶がよみがえって来て、うれしくなりました。

博多に行かなくても、ここへ来れば博多ラーメンが楽しめるのでうれしいですね。

 

金沢へいらしたら、お昼はここで博多ラーメンはいかがですか?

おいしいですよ。

 

アクセス

 

■博多一風堂 金沢香林坊店

  • 住所 金沢市片町1-2-3
  • 営業時間 月~木 11時~翌朝3時 金土祝前日 11時~翌朝4時
  • 休業 無休
  • 電話 076-263-3331

 

■地図

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大好きな京都やスターバックス、漫画やiPhoneなどについて書いているブログ「LUCIE」のイス(井須)です。石川県小松市で美容師を経営する傍ら、自分の好きな事や興味のある事を発信して楽しく生きていけたらと日々精進中です。