[追記あり] クロネコヤマト、運賃を5%~20%値上げへ。今秋実施に向けて調整中。

宅配便最大手のクロネコヤマト。

労働環境是正の一環として、今週に計画している運賃の値上げ幅が「5%~20%」程度になる様です。

消費税での値上げ以外では、27年ぶりの値上げになるそうで業界最大手だけにいろいろと波紋を広げそうです。

 

スポンサーリンク

距離が近くて小さな荷物ほど、値上げ幅が大きくなるよう

今回の値上げ実施は、今年(2017年)9月からの実施になるようです。

実際に値上げが開始されると、1個当たり小さな荷物で150円ほど、大きな荷物では200円ほどの値上げになるそうです。

 

クロネコヤマトの運賃の決め方は、荷物の大きさと発着の地域別に計算される仕組みになっています。

ところが、今回の値上げは距離に関係なく荷物の大きさで決まるようなので、送る距離が短く小さな荷物ほど価格が高くなる傾向みたいです。

 

試算によると、三辺の長さの合計が60㎝未満の荷物で重さが2キロ以内の荷物を関東から関東に送る場合、現在の700円(税抜き)から150円程度アップして850円(税抜き)となるようです。

値上げの対象は、全顧客になるそうで実に27年ぶりの値上げになるようです。

 

特に、通販大手の「アマゾン」には一般消費者の値上げ幅より大きい値上げを交渉しているそうで、交渉決裂時には運搬を辞退することもあり得るという事も。

大口顧客に向けて、厳しい値上げ交渉が続いているみたいですね。

 

「配達すればするほど赤字になる」

 

と言われている、クロネコヤマトを含む宅配業者。

宅配業者の物流が止まってしまうと、我々一般消費者は当然の事、社会全体が大変な事になるので適正価格でしっかりした会社経営が出来る様に、我々消費者も見守っていかなければいけませんね。

 

自分も仕事がら、毎日の様に宅配業者さんに来てもらっている身。

インターネットの普及で荷物もうなぎ上りに増えている現在。

 

値上げは確かに痛いですが、そうも言っていられないほどの瀬戸際に来ているのかも知れません。

注意深く推移を見ていきたいと思います。

 

【関連記事】

クロネコヤマト、2017年4月24日より当日再配達の締め切り時間を1時間程度繰り上げ。

 

 

【2017年5月23日 追記】

 

 

2017年5月22日(月曜日)に、全国紙と地方紙1面に「宅急便の値上げをいたします。」と題した広告が掲載されました。

この広告を見ると、値上げが実施されるのは10月1日からと決定したようです。

 

また、値上げ幅もこのように決定したようです。

宅急便 基本運賃 値上げ額(税抜)

《例》

北陸から東京へ100サイズの荷物を送る場合、1,100円が1,260円になります。

※100サイズ 荷物の3辺合計が100cm以内、重さ10kgまで

 

  • 60サイズ +140円
  • 80サイズ +140円
  • 100サイズ +160円
  • 120サイズ +160円
  • 140サイズ +180円
  • 160サイズ +180円

 

各種割引制度

新しい割引や新しい制度も同時に導入されます。

 

クロネコマンバーズの方は、常時「クロネコメンバー割」として10%~15%割引

また、クロネコヤマトのセンターに持ち込む場合は「持込割」として100円割引。(クロネコメンバーは150円割引)

さらに、宅急便センターに直送する場合は+50円割り引くなど、新しい割引制度も加わります。

 

クロネコメンバーズにまだ加入していない場合は、とりあえずクロネコメンバーズに登録しておく方がお得のようですね。

 

クロネコヤマト・ウエブサイト

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大好きな京都やスターバックス、漫画やiPhoneなどについて書いているブログ「LUCIE」のイス(井須)です。石川県小松市で美容師を経営する傍ら、自分の好きな事や興味のある事を発信して楽しく生きていけたらと日々精進中です。