小松-羽田便の夏ダイヤ発表。飛行機を小型化し1日6往復は維持。

2015-125

全日空と日航の、2015年の国内線夏ダイヤが21日に発表になりました。

それによると、現状の小松ー東京間の6往復は今のところ維持されるようです。

 

スポンサーリンク

小松ー羽田 夏ダイヤ

北陸新幹線の3月14日の開業にともない、飛行機の利用者減少を見越して機体が小さい物が投入されるようです。

 

全日空では、現在使用している270人乗りのボーイング767を全便167人乗りの小型機のボーイング737に切り換えて運航。

やはり、新幹線開業で飛行機に乗るお客様が少なくなるのか全便小型化されるのはちょっとさみしい様な気も・・・

便数は、今のところ現状と同じ6往復で決まっているのでまずは安心。

 

一方、日航の方はというと全日空と同じく機体が小さくなるようです。

小松ー羽田便の6往復の内、4往復を167人乗りのボーイング737に変更。

残り2往復を270人乗りのボーイング767を維持して運航する予定になっています。

 

とりあえず、全日空では10月24日の期間までこのスケジュールで運航されます。

日航の方は、6月30日までの予定なのでその後は、新幹線開業後の様子をみてからの決定の様です。

 

北陸新幹線開業は嬉しいニュースなのですが、小松発着の飛行機のお客様が減少するのは小松市民としてはちょっとさみしいですね。

新幹線も利用しつつ、飛行機も利用しましょう!!みたいな八方美人的な感じではダメですか?

 

2015年夏ダイヤ

ちなみに、2015年の小松-東京の各社の夏ダイヤです。

 

ana-jal

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大好きな京都やスターバックス、漫画やiPhoneなどについて書いているブログ「LUCIE」のイス(井須)です。石川県小松市で美容師を経営する傍ら、自分の好きな事や興味のある事を発信して楽しく生きていけたらと日々精進中です。