Google Chrome、脆弱性36件を修正した「Chrome57」を提供開始。

Google Chrome

 

Googleでは、3月9日(米国時間)にGoogle Chromeの最新版「Chrome57」の提供を開始しました。

これは、36個の脆弱性を修正した安定板で今後数週間かけてアップデートをするとアナウンスがありました。

自分のWindowsも、ブラウザはGoogle Chromeを使用しているのでこのほど無事に最新版にアップデートが出来ました。

 

Googleでは、脆弱性の発見や報告に社外の研究員を登用するシステム「Security Reward Program」を採用しているそうで、今回見つかった36件の脆弱性の内、18件が社外の研究員からの報告だったそうです。

すごいスキルを持った方が、世界中にはいるんですね。

 

Google Chromeを使用中の方は、最新版にアップデートしましょう。

 

スポンサーリンク

アップデートはアッという間

最新版のGoogle Chromeにアップデートする手順ですが、自分はWindowsを使用しているのでWindowsでの方法になります。

 

▲Google Chromeを開いたら、ブラウザ右上の「メニュー」アイコンをクリックします。

 

▲「メニュー」アイコンをクリックすると、横からメニューが飛び出してくるのでメニューの中の「設定」をクリック。

 

▲「設定」が開いたら、左の項目の中の「概要」をクリック。

すると、最新版では無い時は自動でアップデートを開始しますので、アップデートが終わるまでしばらく待ちます。

 

アップデートが完了するとブラウザの再起動を求められるので、指示に従い再起動すればアップデートは完了です。

ものの3分ほどで、アップデートは終わります。

 

▲最新版Google Chromeのバージョンを確かめてください。

バージョン57.0.2987.98になっていればOK。

 

 

時々は、こうしてアップデートがされていないかチェックしてみるといいですね。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大好きな京都やスターバックス、漫画やiPhoneなどについて書いているブログ「LUCIE」のイス(井須)です。石川県小松市で美容師を経営する傍ら、自分の好きな事や興味のある事を発信して楽しく生きていけたらと日々精進中です。