北陸新幹線、金沢・富山~東京の乗車料金発表。

2014-104-2a

こんにちは、やなだ@いすです。

来年3月開業予定の北陸新幹線ですが、昨日10月3日にJR東西より国土交通大臣に料金の認可申請を提出し、ようやくみんなが知りたがっていた乗車料金が発表されました。

順調に進めば今年中に申請が許可され、いよいよ来年3月の開業に弾みがつきそうです。

 

スポンサーリンク

北陸新幹線 乗車料金

まずは、こちらの料金表をごらんください。

2014-104a

金沢ー東京を2時間28分で走る北陸新幹線。気になる乗車運賃ですが、このように決定されたようです。

 

金沢ー東京間は、普通自由席で13,600円、普通指定席では14,120円と思っていたより安い価格設定でまずまず。

乗り換えなしで東京まで行けるのも魅力ですし、時間も2時間20分ほどで東京へ行けるのなら今までよりぐっと東京が近い感じがします。

富山ー東京は、普通自由席で12,210円で指定席では12,730円となります。

 

この中の「グランクラス」というのは、専用アテンダント付の飛行機で言うところのファーストクラスで自由席の倍の金沢ー東京で26,970円です。

一度は乗ってみたい気がしますが、グランクラスは18人分の座席しかないそうなので競争率が高そうです。

 

小松ー羽田の飛行機での運賃は、往復割引を使っても正規運賃だと片道22,000円あまりする事を考えるとお得感があります。

飛行機は新幹線より早く東京に着きますが、羽田に着いた後にモノレールや電車で東京都内へ出るとなると新幹線で東京まで行く時間とあまり変わらなくなるのでこうなると飛行機での移動が微妙ですよね。

この料金をみると、新幹線で東京へ出る人が増えそうな気がします。特にビジネスで金沢ー東京を行き来する人は確実にこれからは新幹線を利用する人が増えそうです。

2時間ちょっとで東京って、なんだか嬉しくなってきますね。今度は、いよいよダイヤの発表が待ちどうしいです。

 

車両別座席数は?

北陸新幹線は車両の名前も北陸らしい名前がついています。「かがやき」「はくたか」「つるぎ」「あさま」といった名前で、北陸にちなんだ名前となっています。

その車両ですが、車両によって座席の仕分けが少々複雑です。

 

  • 金沢ー東京を最速の2時間28分で結ぶ「かがやき」。10両ある普通席はすべて「指定席」となります。
  • 停車駅が多い「はくたか」は普通車の内6両が指定席で4両が自由席。

 

  • 金沢ー富山間のシャトル便の「つるぎ」は12両編成。グリーン車量が1両で普通車両の内、指定席が3両で自由席が4両。
  • 長野ー東京間の「あさま」はグランクラスはあるけどアテンダントはいない。

 

など、車両によって変速的なのでちょっと覚えるのが大変そうです。

 

そもそも、北陸新幹線ってなに?

今回、こうして北陸新幹線の料金発表があったわけですが北陸新幹線についてちょっとおさらいです。

そもそも、北陸新幹線は今運航している東海道新幹線の代替交通手段として計画が出来たものです。地震やその他の影響で関東と関西が行き来できなる事を避ける為に北側のルートを整備しようと昭和48年に決まった計画です。

2014-104-3a

現在は、東京ー長野間の運行が行われています。来年3月にその長野ー金沢が結ばれて「北陸新幹線」がようやく開業までこぎつけたというわけです。

今後、大阪まで結ぶために今度は金沢ー敦賀間の工事が控えています。金沢ー敦賀間の開業は平成37年と予定されているのでまだ11年先。そこからさらに米原までつなぐとすると、最終的にまだまだ年数がかかりそうな壮大な計画が実は「北筑新幹線」なんです。

 

生きているうちに新幹線でぐるっと東京ー金沢ー大阪ー東京と乗車できるかしら??

 

運賃も発表になって、いよいよって感じですね。

 

北陸新幹線スペシャルサイト

北陸新幹線スペシャルサイトっていうサイトをご存知ですか?神戸港から白山市の車両基地までの道中のムービーがちょっと感動します。

詳しく見たい方は、ぜひアクセスしてみて下さい。

 

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大好きな京都やスターバックス、漫画やiPhoneなどについて書いているブログ「LUCIE」のイス(井須)です。石川県小松市で美容師を経営する傍ら、自分の好きな事や興味のある事を発信して楽しく生きていけたらと日々精進中です。