iPhone XS Maxの純正ケースが先に届いたので、気が早いけどレビューさせて!

iPhone XSiPhone XS Maxが今日、9月21日より発売されましたね。

自分も先日、インターネットでiPhone XS Maxを予約しました。

Phone XS Maxを、おなじみケーズデンキで予約完了!

 

ところが、今日の事なんですが本体より先にケースが届いてしまいました。

ちょっと気が早いですが、ケースを先にレビューさせてください笑

 

スポンサーリンク

アップルの純正シリコンケース

 

自分のiPhoneは、いつもアップルの純正ケースを付けています。

今回予約したiPhone XS Maxにも、もちろん純正のケースを注文しました。

ダンボール箱から取り出したケース。

いつも決まって注文する、レッドのシリコンケースです。

社外品も何度か買った事があるのですが、やっぱり純正品のフィット感が好きで毎回アップルからお取り寄せ。

しかも決まってこの赤色のケースを買います。

この赤いシリコンケースは、「PRODUCT RED」というアップルでもちょっと特別の商品なんですよ。

「PRODUCT RED」とは、世界規模のエイズ感染対策を支援するプロジェクトで、ロックバンドU2の「ボノ」さんらが発起人になって始まった支援の輪です。

アップルもこの取り組みに参加している企業のひとつで、「PRODUCT RED」の赤い商品を消費者が買うたびにエイズ基金に購入費の一部が寄付される仕組みです。

自分も、その一役を買いたくてiPhoneやiPadの関連商品は「PRODUCT RED」を購入する事にしています。

 

アップルのサイトにも「PRODUCT RED」のページがあるので関心のある方はご覧ください。

(RED)を買う。いのちを守る。

 

と言うわけで、赤いシリコンケースが我が家にやって来ました。

 

手に持つとデカイ!

 

では、さっそくケースを出してみましょう。

ベリベリと梱包を取って、スマホケースを取り出してみます。

 

これが、iPhone XS Maxの大きさなんですね。

手で、こうして持ってみるとその大きさがわかりますね。いやー、想像より大きいかもです。

 

自分が今愛用しているiPhone Xと比べるとこんな感じです。

ふた回りぐらい大きいですよね。

横幅はあまり変わらない様ですが、長さが長い笑

この大きさで、フレームいっぱいにディスプレイが広がるんでしょう!!やばいですね!

 

左サイド。

▲左サイドは、サイレントモードにするスイッチのところだけ切り欠きがあります。

音量ボタンは、ケースにすっぽり収まる感じです。

 

右サイド。

▲ケース右サイドは、電源ボタンがすっぽり収まります。

純正品だけに、ボタン類のところの加工はしっかり作ってあって、本当にピッタリ来ます。素晴らしい!

 

▲そして、iPhone本体が収まるところはこんな感じで、裏起毛の様な作りでiPhone本体を柔らかくしっかりガードするから安心です。

 

ケースをこうして手に取って見ていたら、早く本体が欲しいですね。

早く来ないかなぁー。。。

 

ちなみに、自分が買った「PRODUCT RED」の赤色以外にも、たくさんのカラーがあります。

お気に入りの物をゲットしてくださいね。

クリックでアップルのサイトに飛びます。

 

と言うわけで、iPhone XS Maxの純正シリコンケースのレビューでした。

 

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大好きな京都やスターバックス、漫画やiPhoneなどについて書いているブログ「LUCIE」のイス(井須)です。石川県小松市で美容師を経営する傍ら、自分の好きな事や興味のある事を発信して楽しく生きていけたらと日々精進中です。