2018年、新型iPhone発表!「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」。

今年もまた、待ちに待ったこの時が来ましたね。

9月12日(現地時間)、米アップルにおいて新型iPhoneの発表がありました。

今年(2018年)のiPhoneは噂通り3機種が発表され、それぞれ「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」となりました。

 

それぞれ、どんなiPhoneなのか順を追ってみていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

iPhone Xの後継機種、「iPhone XS」。iPhone史上、最も大きな大画面を備えた「iPhone XS Max」。

 

「iPhone XS」は、昨年(2017年)秋に登場したiPhone Xの後継モデルで、大きさや外観はほぼ変わらずです。

呼び方は、iPhoneテンエス(XS)。画面サイズもiPhone X同様の5,8インチサイズです。

 

今回登場した新しいモデルでは、とうとうホームボタンが廃止され認証はすべてFace IDとなりました。

iPhoneと言えば、ホームボタンだったんですがついにホームボタンが無くなってしまいました。

 

その変わり、ボディーの筐体いっぱいに広がる「Super Retina OLED」のスクリーンはとてもきれいで迫力満点。

ホームボタンの存在は、すぐ忘れる事と思います。

 

見た目はほとんどiPhone Xと変更は無いのですが、中身がかなり変わった印象です。

特に、頭脳にあたるプロセッサは「A12 Bionic」にバージョンアップされリアルタイムな学習機能により、使えば使うほど使いやすくなるようです。

また、毎秒5兆という途方もない演算処理が可能で従来より滑らかで素早いFace IDに進化したようです。

Face IDは思いのほか便利な認証方式で、コンビニでも通販でもいたってスムーズに使えているのですが、さらに素早くスムーズなFace IDがとても楽しみですね。

 

バッテリーは、iPhone XよりもiPhone XSのほうが30分長い駆動時間。

iPhone XS Maxの方はバッテリーの容量が大きいのかiPhone Xよりも最大で1,5時間長い駆動時間を実現。

両モデルとも、ワイヤレス充電(Qi充電器に対応)に対応しています。

 

カメラもiPhone Xよりもさらに性能が向上した模様です。

二つのカメラレンズからなる「デュアルカメラシステム」のセンサーを一新。

暗い場所でも明るく撮影出来たり、より精巧な背景の「ボケ」を表現出来たり、写真を撮ることが楽しくなる仕掛けがいろいろとある様です。

 

セルフィー(自撮り)も背景をボケさす事が可能になり、よりくっきりしたセルフィーが撮影できるみたいです。

 

カラーリングは、iPhone XS、iPhone XS Maxとも「ゴールド、スペースグレイ、シルバー」の3色展開となり、新しくゴールドが追加となりました。

カバーをする方がほとんどだと思うので、本体のカラーはなんでもいいようですけどいつも迷いますよね。

今回も、ゴールドに人気が集中しそうですね。

 

一方のiPhone XS Maxの呼び方は、iPhone テンエスマックス(XS Max)。

マックスってどうよって個人的に思ってしまいましたが、他に何か思い当たらなかったんでしょうか笑

 

基本的なスペックはiPhone XSとほぼ同じなのですがiPhone史上最も大きな6,5インチのディスプレイを与えられました。

幅77,4mm、高さ157,5mm、重量208gとiPhone XSと一回りぐらい大きなサイズなのですがiPhone 8 Plusよりもサイズは抑えられた様なので、それほどの違和感は無いようです。

iPhone 8 Plusを使っている方なら、すんなり持てるそんなサイズ感みたいですね。

 

大型化の恩恵は、やはりそのスクリーンの見やすさ。

有機OLED のフルスクリーンでの迫力は一見の価値がある様で、動画やゲームやアプリなどがより見やすく楽しくなりそうです。

自分としては、iPhone XS Maxの方が気になっています。

 

そして最後に気になる価格ですが、価格もなるほどです。

iPhone XS

  • 64GB:112,800円(税抜き)
  • 256GB:129,800円(税抜き)
  • 512GB:152,800円(税抜き)

※アップルでの価格

iPhone XS Max

  • 64GB:124,800円(税抜き)
  • 256GB:141,800円(税抜き)
  • 512GB:164,800円(税抜き)

※アップルでの価格

 

決して安くはない価格ですが、ビックリするほどの高額でもないかと思うのですがいかがでしょうか?

さすがに512GBの物は「たっけー」とひるんでしまいましたが、256GBのモデルなら何とかなるかもって価格が絶妙です。

365日。ほぼ毎日使ってしかも1日中使うアイテムってスマホ以外には無い自分。

たぶん予約するんだろうな・・・

 

Liquid RetinaディスプレイのiPhone XR

 

 

もう1機種のiPhone XRは新しいカテゴリーの新iPhoneです。

iPhone XRはiPhone XSの廉価版という位置づけだそうですが、それがどうしてなかなか魅力的なモデルです。

 

iPhone XRもホームボタンが廃止され、認証はiPhone XS同様のFace IDです。

頭脳にあたるプロセッサもiPhone XS同様の「A12 Bionic」。

毎秒5兆の演算処理能力で、使えば使うほどiPhone XRがオーナーの使い方を学習して使いやすいスマホになってくれます。

 

カメラもシングルカメラなれど、新しく設計されたセンサーなどの効果で背景がボケたきれいなポートレートも撮影できます。

ディスプレイはiPhone XSよりも大きな6,1インチ。

こちらもやはり筐体いっぱいのフルスクリーンの効果で、迫力ある画面が楽しめそうです。

また、本体が大型したおかげでバッテリー容量も大きくなった様で、iPhone 8 Plusより最大1.5時間長いバッテリー駆動時間を実現できました。

 

そして、なによりもiPhone XRのポイントはこのカラフルなカラーリングです。

レッド、イエロー、ホワイト、コーラル、ブラック、ブルーの6色展開でカラー選びになやみそうです。

そしてそして、価格も魅力的でiPhone XRの価格はこうです。

 

iPhone XR

  • 64GB:84,800円(税抜き)
  • 256GB:90,800円(税抜き)
  • 512GB:101,800円(税抜き)

※アップルでの価格

iPhone XSに比較してもそんなに遜色が無いのに、価格的にはとても魅力的なiPhone XRです。

 

予約と発売時期

 

最後に予約と発売時期ですが、iPhone XS、iPhone XS Maxは予約受付が9月14日(金)の午後4時1分から。

発売は9月21日(金)より順次開始されます。

※アップル、ドコモ、au、ソフトバンクとも

 

一方のiPhone XRは予約開始が10月19日の午後4時1分からと、iPhone XSよりも遅れての予約開始となります。

 

画像出典:Apple

■新型iPhoneの予約や購入はオンラインで素早く!

→ ソフトバンクオンラインショップ

 ドコモオンラインショップ

auオンラインショップ

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大好きな京都やスターバックス、漫画やiPhoneなどについて書いているブログ「LUCIE」のイス(井須)です。石川県小松市で美容師を経営する傍ら、自分の好きな事や興味のある事を発信して楽しく生きていけたらと日々精進中です。