石川県にうまいギョーザあり。もはや県民のソウルフード的な「第七ギョーザの店」。

こんにちは、やなだ@いすです。

もはや日本人の国民食と言ってもいいぐらいみんな大好きなギョーザですが、わが石川県にもその名を知らない人がいないと言うぐらい有名なギョーザのお店があります。

その名を「第七ギョーザの店」といい、連日わんさかお客さんがあふれています。

2014-1228-3

 

スポンサーリンク

自分も大好き、第七ギョーザの店

第七ギョーザっていう変わった名前のギョーザ専門店。「なんで第七ギョーザなの?」って初めてそのお店を見る人は必ず聞いて来るフレーズです。

元々は、千葉県に本店がある「ホワイトギョーザのお店」のチェーン店として金沢に出来たお店です。

第七ギョーザの店名の由来は、何でも第七ギョーザのご主人がホワイトギョーザから暖簾分けをいただいたのが7番目だったからだそうで、なんか納得の店名です。

一度聞くと忘れない妙に耳に残るいい店名です。

 

第七ギョーザのお店のメニューには、ギョーザの他にはトン汁とご飯しかない本当のギョーザ専門店なんですがギョーザだけでって言ったら失礼ですが、ギョーザだけでとんでもないお客さんを毎日集めているおばけギョーザ店です。

一階は、写真の様に厨房を中心にぐるっと円をかいたようなカウンター席です。一度に20数人は座れるカウンター席もお昼時には満席必至です。

2014-1228-4

2階は個室のお部屋があって、グループで来る人や家族で食事に来る人に使われています。

こちらも時間帯によっては待ち時間も出るので、どんだけみんなギョーザが好きなんや!!っていうお店です。

 

メニューは、

  • ホワイトギョーザ10個:450円
  • ライス中:195円
  • トン汁:185円
  • 味噌汁:90円

というリーズナブルな価格です。

 

第七ギョーザは普通のギョーザとちょっと違う形と食感です。

四角くずんぐりした形で、皮がしっかりしていて食べ応えがあります。

油で揚げ焼きの様な焼き方が特徴で、皮はカリッで中がジューシーでとてもおいしいです。

 

お土産に冷凍ギョーザがおすすめ

そんな第七ギョーザが我が家の住人も大好きなのですが、ギョーザが無性に食べたくなる時って無いですか?

そんな時の為に、我が家の冷凍庫には冷凍の第七ギョーザが常にストックされています。

無くなると、第七ギョーザのお店まで仕入に行きいつも150個ほど買って来ています。

 

お店で食べるのとまた違って、自宅で食べる第七ギョーザも家庭の味がして好きです。

こんな感じでパックずめされていて、家庭で簡単に第七の味が再現できるので重宝しています。

2014-1228

焼き方も、簡単でお店でもらうレシピ通りに焼くときれいに焼けます。

2014-1228-2

 

たれは、酢・しょうゆ・ラー油。そして、我が家では豆板醤を入れるのが定番です。

ピリッと辛いたれで、アツアツをフーフー言いながら食べる幸せ!!

 

石川県民のソールフード的な第七ギョーザ。

金沢市の中心部からも近いので、観光にいらっしゃった方もぜひ味わってみて下さい。

 

アクセス

イオンもりの里店の前にあります。

■第七ギョーザの店:石川県金沢市もりの里1-259

電話:076-261-0825

定休日:水曜日(要確認)

 

■地図

 

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大好きな京都やスターバックス、漫画やiPhoneなどについて書いているブログ「LUCIE」のイス(井須)です。石川県小松市で美容師を経営する傍ら、自分の好きな事や興味のある事を発信して楽しく生きていけたらと日々精進中です。