「輝いていきる」をテーマに、小学6年生の前でお話して来ました。忘れないうちにまとめてみた。

2015-1218-5

こんにちは、@いすです。

今週月曜日(12月14日)に、小松市内の小学校に講師として行って来ました。初めての講師体験でどんな様子だったのか忘れないうちにまとめてみました。

今思い出しても、ハラハラ・どきどきの30分間でした。

 

スポンサーリンク

「輝いていきる」

講師依頼のあった小学校は、小松市内でもマンモス小学校のひとつで対象の6年生は4クラス。総勢123名の6年生が在籍する学校です。

 

このお話を持って来てくれた先生は、実はウプスのお客様でこの小学校の6年生の担任先生です。

先生のお話によると、「総合的な学習」という時間があるそうで、どんな学習にするかは各学校にゆだねられているそうです。

そこでこの学校では「輝いていきる」というテーマで、社会で実際に仕事をしている先輩方を学校に招いて、仕事の話やその人の経験を通して輝いて生きるという事について話をしてもらうそう。

2015-1204gif

 

で、お客様である先生が自分の事を思い出してくれて美容師の仕事の事や苦労話などを子供たちに伝えてくれないかと。

「えーーっ」って一瞬、思ったのですがそんな機会もめったにあるもんでなし、これも何かの縁と思いお引き受けする事にしました。

 

午前11時30分から

当日は、午前11時15分までに校長室へ来てくださいと連絡をいただいていたので、ちょっと早めに学校に到着するように出発。

学校に着いたのは、11時5分ごろ。

この時はまだ余裕の表情(笑)

この日は、ママさんも一緒に行ってくれて心強い味方。

2015-1218-5

 

校長室に通されて、出番まで時間待ち。

小学校に出入りする事なんて、長男の日曜参観以来だから何十年ぶりの出来事。

この小学校はつい最近新築したそうで、とても立派でビックリ。

2015-1218-6

 

自分が通っていた小学校は木造の校舎で、床から釘の頭が飛び出しているような校舎だったんですよ。

というような事を校長先生と話していると、いよいよ自分の出番の時間のようです。

ママさんと連れ立って、生徒の待つ教室に急ぎます。

 

生徒さんが待つのは2階の視聴覚室。奥に行くほど段々になってせり上がっている教室。

もう、123名の生徒さんが自分達の事を待っていてくれて先生の紹介もそこそこにすぐスタート。

 

おー、もう始まるんかいなと思いつつも用意した原稿をサッと目を通してまずは自己紹介から。

自分の立っているところから、前にいる生徒さんはすぐそこで「近っ」て感じで焦る焦る!

やっぱり123人の数って結構なもんでした(汗)

2015-1218-3

 

自分の名前やお店の事など、お話させていただきました。

 

自分は、2度転職していて3度目が美容師の仕事だったのでその辺の事情や、美容師になろうと思ったきっかけなどをつらつらとお話。

 

その後は、実際に練習の道具などを見てもらいながら美容師のお話を少し。

2015-1218-4

 

これはカットウイッグと言って、カットの練習用の人形です。

やっぱり、こんな人形などがあると生徒さんも喜んでくれるというか興味があるみたいでした。

2015-1218

 

これは、パーマの練習用の人形です。

約60本のロッドが巻かれているのですが、これ何分で完成すると思いますか?って生徒さんに尋ねたら、「3時間」、とか「2時間」とか「5時間」とか答えが帰って来て面白かったです。

正解は、20分なのですがみんな驚いてくれました(笑)

2015-1213-2

 

そしてこれは、セットの練習用の人形です。これは、片編み込みというセット技術なのですが、「これで5分ぐらいで作ったんですよ。」って言うと、「スゲー」なんて言ってくれました。

2015-1218-2

 

その後は、今後の目標や夢などをお話して自分の話を終えました。

 

そこからは、今度は質問のコーナー。

結構、みんな真剣に聞いてくれたようで次々に手が上がります。

 

「転職して前の仕事を辞める時、さみしくなかったですか?」

「今、お店ではやっている髪型は何ですか?」

「3回の仕事で、一番良かったのはいつの時ですか?」←もちろん今でしょ!

 

「お店を出した後の目標は何だったんですか?」

「美容師でつらかったことは?」

 

などなど、そんなリアルな質問する?ってことなど、今どきの小学生だなーって。

 

とにかく、アッという間の45分間でとても貴重な経験をさせていただきました。

 

普段、仕事に追われていると今までした事を振り返るとか、今までの経験をひとに話す事ってほぼ無いですもんね。

仕事場を離れて、こうして多くの人に自分の歩んで来た人生を聞いてもらう事ってないですから。

 

そういう意味で、とてもいい経験が出来ました。

こんな機会を与えてくれた、関係者の方に感謝しています。

 

子供たちにちゃんと伝わったかな・・・

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大好きな京都やスターバックス、漫画やiPhoneなどについて書いているブログ「LUCIE」のイス(井須)です。石川県小松市で美容師を経営する傍ら、自分の好きな事や興味のある事を発信して楽しく生きていけたらと日々精進中です。