[地元グルメ] 金沢市大野のヤマト醤油味噌の「発酵食美人食堂」のランチが飛び切りおいしい!

昨日の「醤油ソフトクリーム」に続き、本日のブログは同じくヤマト醤油味噌さんのランチのお話です。

ヤマト醤油味噌さんは、醤油や味噌を作る傍らその名も「発酵食美人食堂」というランチ専門の食堂を営業されています。

ここのランチでは、糀を使った「発酵食ランチ」が特徴で体の中からきれいにしてくれる様なランチなんですよ。

 

スポンサーリンク

一汁一菜に一糀

「発酵食美人食堂」が提唱するご飯は、醤油・味噌・甘酒・塩糀などの発酵食品を毎日の食卓に取り入れようというもので、ここで提供しているランチにもそれらがふんだんに使われています。

 

ここが、「発酵食美人食堂」の入り口です。

引き戸を開けて中に入ると、高い天井の広々としたお店に見入ってしまいます。

 

 

ランチメニューは一つだけで、月替わりのお任せランチです。

三月のメニューは、こんな感じ。糀や味噌をふんだんに使った料理の数々です。

どんな料理が出てくるのか、とっても楽しみですね。

 

お料理の前に、まずは玄米甘酒でのどを潤します。

甘酒と言っても、アルコールはゼロで甘く飲み易い甘酒。

酒粕の甘酒と違って、アルコールは全然ないそうです。不思議な甘さで、おいしいです。

 

甘酒を飲み干したところで、お料理が運ばれて来ました。

▲全部で8品の見た目も鮮やかな、料理。食べるのがもったいない様な、きれいな盛り付けでうっとりします。

 

すべての料理に、こうして糀や味噌を使って作ってあります。

どの食材も、地元の石川県で採れた物を出来るだけ素材のままで料理をしているそうです。

 

では、いただきます!!

 

あ、そうそうお味噌汁と

 

ご飯もありますよ。

このご飯が変わっていて、「ねかせ玄米」という調理方法で炊いたご飯。

玄米と小豆、海水塩を圧力釜で炊いて保温状態で3日~4日程度寝かせて熟成させるそうです。

 

寝かせることで、モチモチの玄米ご飯になって「これが玄米?」って感じのご飯です。

もち米の様な感じで、すごく甘みがあっておいしいです。

ご飯はおかわり自由なので、男性の方には嬉しいですね。

 

もう、どれもこれもおいしいのですがさわらの醤油糀焼きがおいしいです。

魚へんに春と書いて「さわら」。石川県でとれる春の魚です。

 

ふだん、こんな料理を食べた事が無いので、どれも珍しくておいしくいただきました。

本当に、美人?になりそう!!

 

デザートは、リンゴのコンポートと玄米きなこボール。黒蜜をかけていただきます。

 

ドリンクは、自分は6時間かけて落とした「水出しコーヒー」。

 

ままさんは、甘酒ココア。

ココア味の甘酒で、これまた体に良さそうなやさしいココアでした。

 

こんなに時間をかけてゆっくり食べたのは、久しぶり。

体が喜びそうな、やさしいランチでした。

 

醤油ソフトクリームと「発酵食美人食堂」のランチは、おすすめですよ。

 

※追伸1

 

「発酵食美人食堂」の月替わりの献立表を3枚集めると、料理長から調味料のプレゼントがあるそうです。

県外の方は、なかなか3枚集めるのは大変かもしれませんが、ユニークなプレゼントですね。

がんばっちゃお!

 

※追伸2

 

「発酵食美人食堂」は、完全予約制です。

事前に、ホームページから予約をしてお出かけください。

 

予約はこちらから→

http://www.yamato-soysauce-miso.co.jp/cafe_lunch.html

 

なお、当日予約のみ電話でも可。

電話 076-266-8500

 

アクセス

ヤマト醤油味噌 「発酵食美人食堂」

 

  • 住所 石川県金沢市大野町4丁目イ170
  • 電話 076-266-8500
  • 営業時間 11時30分~2時
  • 休業日 第一・第三火曜日、毎週水曜日(電話でご確認ください)

 

■地図

スポンサーリンク

あわせて読みたい

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    大好きな京都やスターバックス、漫画やiPhoneなどについて書いているブログ「LUCIE」のイス(井須)です。石川県小松市で美容師を経営する傍ら、自分の好きな事や興味のある事を発信して楽しく生きていけたらと日々精進中です。