そういえば、桜はなぜ春に咲くのか気になったので調べてみた。

2014-407-4

春になるといっせいに咲き出す桜の花。

薄ピンクのきれいな花が、春の訪れを毎年感じさせてくれます。

桜の花を見ると「今年も春が来た」って嬉しくなりますが、なぜ春に咲くんでしょう?

夏でも秋でも咲くタイミングはあると思うのに、決まって春の入学シーズンです。

気になったので、調べてみました。

 

スポンサーリンク

日本の四季に関係がありそう

春になるとパッと咲いてパッと散る桜。

毎年3月の後半から4月の初旬にきれいなピンク色の花で我々を楽しませてくれます。

2014-413-2

その桜の花ですが、春に咲く原因を調べて見ると日本の四季に関係がありそうです。

 

桜の花が咲いてその役目を果たして散ると、すぐに来年咲かすための花芽(はなめ)をつけるそうです。

葉桜になった時に実は来年用の花の実を持っているんですね。

ところが、一旦暖かい春から夏は仮眠してしまうようです。

 

そして季節が巡って冬になり寒くなってくると、眠りから覚め花芽が育ち始めます。

そして寒さが和らぐ2月後半から3月にどんどん育って、暖かさが増す3月後半になると花が咲き出すんですね。

 

だから、桜の花が咲くには厳しい冬の寒さが必要なんです。不思議ですね。

これは、チューリップやムスカリなんかの球根類のものもそうでやはり寒さに当てないと春にきれいに咲かないのですよ。

 

日本には四季があって、ちゃんと冬の寒さがあるのであんなきれいな桜が見れるのですね。

日本でホント良かった。

 

今はまだご覧のような桜の木の姿。よーく見ると枝の先端に固いつぼみを持っています。

こんな姿から、あの満開になる姿をまったく想像できませんがひと月先にはきれいな姿に変貌を遂げているのですよね。

2015-226

 

今週に入ってから暖かい日が続いているので、花芽の成長もいいのでしょうか?

桜が咲く春が待ちどうしいです。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大好きな京都やスターバックス、漫画やiPhoneなどについて書いているブログ「LUCIE」のイス(井須)です。石川県小松市で美容師を経営する傍ら、自分の好きな事や興味のある事を発信して楽しく生きていけたらと日々精進中です。