古くても、新しくてもポルシェ911が欲しい。まさにそんな表現がぴったりなポルシェが魅力的です。

新潮社から出ている「ENGINE」という自動車雑誌があるのですが、今月発売の6月号はポルシェ特集です。

古いポルシェから最新のポルシェまでを比べて、いろいろな角度からポルシェを見比べてみようという特集が面白いです。

 

もともと、ポルシェは他社からの請け負いで車の設計や開発をしていた会社。

その時に開発した356のヒットを元に、自社で製造から販売までを行うメーカーとして生まれたのが今のポルシェ社。

356の後継車が911なので、911はポルシェの源でもある車なんですよね。

 

その911を今ならどれに乗るのかとか、最良の911は?

みたいな話を繰り広げていて面白いです。

結局は、どの911でも最良な911みたいな事になるんですけど・・・

まぁー、911ならなんでもいいから欲しいというところに落ち着くんです(笑)

 

ポルシェ911の何がそんなにいいのかと聞かれると、自分的にはあのスタイリングです。

誰が見てもどの角度から見ても、ポルシェだとわかるあのスタイル。

特に横から見た時の後ろにストンと伸びるカーブのラインがすきです。

また、後ろ姿もこれポルシェやろという絶対的なスタイルがホントいいです。

 

死ぬまでに乗ってみたいな。

と思わせるポルシェですね。。

 

 

[おわり]
スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大好きな京都やスターバックス、漫画やiPhoneなどについて書いているブログ「LUCIE」のイス(井須)です。石川県小松市で美容師を経営する傍ら、自分の好きな事や興味のある事を発信して楽しく生きていけたらと日々精進中です。